スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 インタビュー: 6度目のコラボ!ジョニー・デップ&ティム・バートン監督インタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 > インタビュー > 6度目のコラボ!ジョニー・デップ&ティム・バートン監督インタビュー(2)
メニュー

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

劇場公開日 2008年1月19日
2008年1月10日更新

ジョニー・デップ&ティム・バートン監督インタビュー

前のページから続く

ジョニー・デップのミュージカルシーンは必見 ジョニー・デップのミュージカルシーンは必見

――ジョニーが歌えるかどうかは、誰も知らなかったわけですが、ティム、不安はありませんでしたか。

T:「ジョニーは『できると思う』と言ったし、僕は不思議と何も怖くなかったね。そりゃあいろいろ心配事はあったけど、ジョニーについては不安に思ったことは一度もない」

J:「僕はあったよ(笑)。誰が一番怖かったかって、それは僕だよ。僕自身、本当に歌えるのかどうか分からなかったからね。それを知るには実際にやってみるしかない。で、友だちのスタジオに行ってデモテープを作ってティムに送った。うまくいきますようにってお祈りしながら結果を待ったわけだ。大丈夫という返事をもらって、少しは自信が持てたよ」

技術的なことよりもキャラクターから生まれる歌を重視 技術的なことよりも
キャラクターから生まれる歌を重視

――ずい分難しい歌が多いけど、どうやってアプローチしたんですか。

J:「最初はボーカルコーチにつくことも考えたけど、歌を聴きこんで理解するに連れて、歌い方を知っているとか知らないとか、そんなことは関係ないって気分になった。この役について学び、キャラクターを通して歌を学ぶのが重要だと思ったんだ。あの複雑なメロディを覚えるのは大変だったけど、ちょうどその頃『パイレーツ3』の撮影中で、毎日片道2時間かけて移動していたから、その車の中で練習した」

――ヘレナ(・ボナム=カーター)もオーディションで選んだと聞きましたが……。

T:「自分のガールフレンドに無条件に役を与えていると思われたくなかったんだ。その時も今も、彼女はミセス・ラベット役にとてもふさわしいと思っているけど、それを確信したかったから、ヘレナには特に厳しいオーディションをしたかもしれない」

――サシャ・バロン・コーエンは?

サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーターら共演陣も曲者・個性派揃い サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーターら
共演陣も曲者・個性派揃い

T:「彼は自分からオーディションに来て、『屋根の上のバイオリン弾き』を全曲歌ってくれたんだ。『ボラット』の後でいくらでもいい話があったのに、この作品を選んでくれたのはすごいことだよ」

J:「その様子、見たかったなぁ」

T:「ビデオを撮れば良かった。すごかったよ」

――ジョニーはいつも役作りに独自のアイデアを持ち込みますが、今回はどんなコンセプトで演じたのですか。

J:「スウィーニーのルックスについてはティムともいろいろ話したんだけど、僕たち2人が大ファンだった怪奇映画の俳優たちをイメージした。ロン・チェイニー、ボリス・カーロフ、ピーター・ローレなどね。髪に白いメッシュがあるのは、精神的外傷を意味している」

T:「僕たちは昔から怪奇映画の話をしてきたけど、それを試してみるいい機会だった。ジョニーが演じてきた物の中で、僕はこのスウィーニーが一番好きだ。ダークで陰気な感じが気に入っているし、笑っちゃうところもあるだろう? 一心不乱にシリアスなのにどこか愚かでさ。だから僕はこれを暗い話とは思っていなくて、むしろ陽気なストーリーだと思っている。セットに音楽があるだけで、気分がウキウキしたよ」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ティム・バートンによる、やりたい放題のスプラッター・ホラー・ミュージカル
映画評論

ジョニー・デップはやはり大した俳優だ。ソンドハイムの難しい曲を歌いこなしているだけではなく、復讐に凝り固まったスウィーニー・トッドの暗い情念が、歌となって噴出しているのだ。他の出演者もそうだが、彼らは決して歌手のようにきれいに歌ってい...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全54件)
  • なぜミュージカル グロ多めで人がたくさん死にますがコミカルなシーンも多く、中弛みなく最後まで見入ってしまいます。 結末は誰も幸せになれません。途中で気付きます。これはハッピーエンドはないぞと。 それにしても悲しい... ...続きを読む

    坂チュウ 坂チュウさん  2017年9月17日 02:59  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ミュージカル映画だし、グロい映画だし、万人受けはしないだろうなぁ。... ミュージカル映画だし、グロい映画だし、万人受けはしないだろうなぁ。 ティム・バートンとジョニー・デップのコンビは変わらず。 アリス・イン・ワンダーランドとかを見たほうが救われる。 映画館で... ...続きを読む

    tsucchi1989 tsucchi1989さん  2017年8月9日 22:41  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 程よい胸糞の悪さ 映像、演出、時代背景など良くできていて、話にのめり込んでしまう。 のめり込んでしまうから故に、人間の醜さと狂気が胸糞悪く感じる。 最低な人間はどこまでも最低で、哀れな人間はどこまでも哀れだった。... ...続きを読む

    みやこ みやこさん  2017年5月7日 11:05  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi