フィクサー(2007)のレビュー・感想・評価

フィクサー(2007)

劇場公開日 2008年4月12日
24件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

字幕がおかしい、違う

聞き取れる英語で、字幕がセリフとまるで違う事に五度解る。
セリフが大量にあり、かつ、まくし立てるので、字幕を端折る事は仕方ないが、短いセリフであるのだ、それも意味が違う。
何故なのかな、こんな事が気になるのは初めてだ。
英語がわかれば理解出来る事もあるのかもしれない。

釈然としない、不可解な点が多すぎるのだ。
アーサーは綿密で用意周到なのに、何十年に渡り弁護士として一流なのに、法廷で裸になるのか。
それを鬱病で説明しようとする。
どうして被害者何百人の中で一人の美少女に会おうとするのか。
マイケルは車を爆破されるが、たまたま鹿を見るために車を降りて難を逃れるが、偶然でいいのか、たまたまの正義で良いのか。
カレンはどうして役員でも無い部長レベルなのに、会社全体の不正を隠すために殺し屋まで雇うのか、そんな金が自由に使えるのか、そもそも権限があるのか、また、立場や動機も伺えないのだが。

アカデミー賞の理由としては、まとも人間が踏み外す境界線を膨大なセリフで示す事が出来たとゆうことか?

マイケルのフィクサーとしての裏仕事が嫌になる内容が何一つ示されていない事を付け加えておく。

アサシン
アサシンさん / 2019年5月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アニキ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 ワキの下に大量の汗をかいていたティルダ・スウィントン。魔女に変身するのか、背中から羽根が生えてくるのか、などと彼女の動向に注目してみたが、やはり魔女的な性格だった。法務の責任者としてマスコミのカメラでスピーチする姿と、その練習風景を交互に映し出したり、運よく素質を認められた経歴をも考えると、なかなか興味深いキャラクターであったりもする。

 そして、巨大法律事務所のトップ弁護士であるアーサー(トム・ウィルキンソン)も魅力的なキャラだった。“人生の12%を費やした”と嘆く姿と、マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)が過去の実績により一目置いている弁護士ということを照らし合わせてみても、農薬会社の不正告発と会社への貢献という挟間で精神を患ってしまうことも想像に難くないのです。

 その魅力的な2人に加え、兄貴キャラのジョージ・クルーニーが活躍する。しかし、“フィクサー=もみ消し屋”などと説明されても、彼はそのフィクサーぶりを発揮しない。訴訟専門の弁護士ではなく裏稼業としての掃除屋。ひき逃げ事故を任されても、「ミラクル・ワーカーじゃないんだ。janitor(辞書には守衛、管理人。字幕では掃除屋)だ」などと自虐的になったりするほど落ちぶれていて、従兄弟との共同経営のレストランの借金に悩んでいる男なのだ。

 予想していた骨太の社会派映画とも一味違っていて、『エリン・ブロコビッチ』のように一般市民からの視点でもない。どちらかというと哀愁漂わせるアニキ映画になるのだと思う(多分違う)。アーサーの死に疑問を持ったりしても、自分は借金を返すためにボスに無心するために悩んでしまう小市民的なところ。金を返した後にポーカーに興じるなんてのも人間らしいと思う。それに従兄弟のティミーに対しても怒りを露わにしないナイスガイなのところとか・・・警官の弟に対してもしっかり借りを返すところにも温かさを感じるのです。

 『シリアナ』を思い出してしまうようなベンツの爆破も迫力があった。『オーシャンズ12』でもあったような気がするけど、なぜかアニキには車爆破の映画が多い。そして、ラストの魔女と対決するシーン。ありがちな法廷劇をとらず、2人の駆け引きをメインにするなんてシビレまくり!2人の鼓動も上昇していたんだろうけど、観ている方だって脈拍数が急上昇。エンディングのアニキ映像ではで息を整えるのに丁度良かった。大金をもらって豪遊すればよかったかな・・・いや、やっぱりこれでいいんだ・・・と苦笑するアニキ。いいぞ!

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めちゃくちゃ面白いですよ とても人間味ありましたし まぁ、いろんな...

めちゃくちゃ面白いですよ
とても人間味ありましたし
まぁ、いろんな人の名前が飛び交いますから
あまり物覚えの悪い人には難しくて面白さがわからないんじゃないですかね

ゆきっち
ゆきっちさん / 2017年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーんと 画面が暗い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

えーっとあんまり評価が高くなくてどうなのかなと思って難しいとも書いてあったのでこころして見ていたおかげかあんまり苦にならなかった。ただなんだっけな、最初にしゃべってる気の狂ったような人が一体だれなのか、とか、だんだん状況がわかってきた後半あたりのジョージクルーニーの役の情けなさが何とも言えんかったわ。主人公はなんか、会社に大事にされてない不運な役みたいな感じで本人もそれにいら立ってたけど、しかもそれだけならまだしも正しいことを言ってる同僚に会社に見かたしろとか言っててとてもヒーローではなかったわ。ただ最後は一件落着して事件は解決するから、そこでやっとホッとできる感じですかね。全体的には灰色で陰鬱で暗い画面で、まあそんな感じでした。そして殺しまで指示した女の人が最低だと思いました。しかもやれとは直接言わないとこがまた最低。殺されて狂ってると言われてたおじさん弁護士がかわいそうでした。それから裁判で戦い起した?女の子にも危害が及ばなくてほっとしました。

グイ―ン
グイ―ンさん / 2016年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中盤からようやくおもしろくなったような ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

難しくて混乱しました…

映画序盤ですでに置いてけぼりだったので、見るのやめようかと思ったけど
なんとか最後まで視聴

正直どこが一番の見せ場かもよくわからなかった…
物語中盤で、暗殺が起こってからはどうなるの、とようやく物語にはいりこめた気がします
主人公が友人の死を調べるくだりはおもしろかった

この映画に関しては、初めから大体のストーリーを知っていたほうが、
理解力が乏しい私には楽しめた気がしました

とば
とばさん / 2016年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しぶい。

自分の借金問題と家族(息子?)の問題があるので
いっそうこのフィクサー(=もみ消し屋)の仕事が難しく画面に映るが
あのかわいい息子がいないと映画にならない
ジョージ・クルーニーは本当に絵になる俳優だけど
カレン役のティルダ・スウィントンのパニくる感じもくせになる

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2016年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わかりにくい。

ジョージ・クルーニーの流石の演技は見物なのですが、正直、脚本が良くない。わかりにくいんです。最後のオチも今いち。なんか、どこで盛り上がれば良いんでしょう?4日前から始まるストーリー。監督の見せ方の問題なのかもしれません。

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年10月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中だるみ

2回見たけど、映画を見ているというよりは、勉強をしている気分にる。
4日後を先に見せて、現在に戻る編集は意味があったのかと思うくらいに無駄。
勉強の時間が長いためなのか、設定上失敗なのか、悪役の女性の悪や黒さが感じられない。悪や黒を感じないまま最後を迎えても、何か逆転感も、やり遂げた感じも無く、ジョージ・クルーニかっこいいねだけで終わってしまう。

映画の途中で、以前見た事に気づく、記憶ゼロ男
映画の途中で、以前見た事に気づく、記憶ゼロ男さん / 2013年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

法廷闘争での善悪よりもそこにいる人々の人間性を炙り出す作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合75点 ( ストーリー:70点|キャスト:80点|演出:80点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 突然錯乱した同僚弁護士のアーサーは、本人の告白によると売春宿で二人の赤毛を相手にお楽しみ中に突然正義に目覚めてしまったらしい。主人公のマイケルは仕事帰りに偶然目にした丘の上の馬三頭に目を引き付けられたことで考えが変わったらしい。始末屋たちはアーサーに対してはあんなに慎重だったのに、マイケルに対してはなぜこれほど大胆で目立つことをわざわざしちゃうのだろう。疑問に思う部分はそれなりに多い。
 フィクサーとしてのマイケルの抱える仕事や家族や賭博や借金の個人的背景に加えて、大筋である訴訟問題とその裏にある陰謀があってもともと複雑な物語は時間が前後するし、ちょっとした兆候で人や物語の筋が変わる転換点になっているのでわかり辛い。従妹のティムが問題を起こすことやら書類の署名のことやらカレンが掛ける謎の電話やら、たくさんの伏線があって見逃すと話がつながらなくなる。本筋を正確に把握するのは簡単ではなかった。この辺りはもっとはっきりと見せてくれた方がいい。物語の理解を視聴者の細かい注意力に頼りすぎている。

 作品の主題は単純な正義と悪の戦いでもないし、訴訟で勝ち負けを決めてすっきりということでもない。汚れた法曹界の裏側を明らかにしているが、そこにいた人々の人間性と決断を中心に描いている。人生に係る大きな問題があれば、自分のためにあれこれと画策したり、逆に全てを投げ打って過去と決別をしようとしたり、不安や重圧や良心の呵責などから逃げるために四苦八苦する。要はこのような人間劇である。アーサー、マイケルの二人に加えて、激しい重圧に押し潰されそうになりながら人前では強気を押し通し、裏側では超えてはいけない一線をどんどん越えていくカレンを演じたティルダ・スウィントンの人間性は興味深い。どんな手を使っても彼女が守りたいものとそのために彼女が犠牲にするものとの対照と、たとえそれが悪でも常に緊張を強いられながら精一杯出来ることをしていく様子は存在感があった。緊張感のある演技と演出と決着をつけようとする結末のマイケルの判断とのおかげで、総合的には面白い作品だった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年10月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おじさーん! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画の冒頭の方で、車が爆発。
その後、何故車が爆破されるに到ったかを、
遡っておっていく展開なんやけど・・・

「車爆発→過去の話」
っていうパターンってどっかで見たような気がしません?

なんやったかなぁ?
『ユージュアルサスペクツ』やったっけ?
そんな気がするような、違う気がするような??

とか見ながらグダグダ思ってる間に、
ストーリーがどんどん進んでた(笑)

かなりテンポ良く進んで行って、見てる側は飽きひん感じ。

でも展開が早すぎるって言うか。
爆破させた犯人への謎解きが省かれてるんやけど(苦笑)

え!
いきなり犯人が分かっちゃったの!?って(笑)
ビビルわー。

まあ、
テンポ重視で見るなら行き成りの結末も妥当っすかね。

ちなみにこの作品で、
ティルダ・スウィントンがアカデミー賞の最優秀助演女優賞獲ってはるりますよん。
『ナルニア国物語』で白の魔女役やってはった女性ね。

そー言えば、
相変わらずジョージクルーニーは老けてはりました。
早く50代にならはると良いのに。
それやったら歳相応にならはるやん。

しろ
しろさん / 2009年3月26日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ずるいけどかっこいい

製作陣の顔ぶれみるだけで、とことん社会派な本作ですが、ハリウッドの心もちゃんとあるおもしろい映画でした。好漢ジョージ・クルーニーは、本作でも変わらぬ映画にたいする姿勢をつらぬきかっこいいです。この人の魅力を活かしたという意味では、この作品が彼の最高傑作かも。

前半は、いささか突拍子な展開で、物語の背景がつかみにくく苦労しましたが、後半ご丁寧にもそれを後確認できるつくりになってるので、そこから少しずつ思考がからまなくなってアドレナリンが出ました。

テーマは「インサイダー」と似てて、薬物問題が扱われてます。が、本作はフィクサーなる「もみ消し」を専門とする弁護士が主役です。(しかし、そういった特殊な職業設定はあまりいかされていなかったのが残念。)

エンディングは、夢を売るハリウッドだからこその醍醐味のあるいい終わり方です。お金にがんじがらめになってる主人公が、いろいろな辛苦を通過してこその、いさぎよいメンタリティってやつなのかな。あの最後は。

後から考えるとスクリプトに安っぽいところもありましたが、ま、目をつむれますね。映画くらい夢を売りましょう。

あんゆ~る
あんゆ~るさん / 2008年12月1日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

クルーニーの人気でのオスカーノミネート?

面白かったです。ちょっと途中、混乱しましたが、面白かったです。ただ、オスカーであんだけノミネートされる映画か?と言われるとちょっと・・・ですが。

あらすじは「フィクサー(揉み消しや)として弁護士事務所に勤務するマイケル・クレイトン(小説家じゃないよ。)はベンツに乗って見た目はばっちりなんだけど、離婚してたり、裏賭博やってたり、バーの事業に失敗して借金してたり、ヤク中の弟がいたりと実は、落ち目。そんな彼の同僚が、巨大企業の陰謀に巻き込まれて、そして、彼にも・・・・。」というお話。原作がない作品なのに、脚本家上がりのトニー・ギルロイ監督は素晴らしい構成で映画を大成功に導きました。最近、アートな単館系映画ばかり見ていたので、娯楽系の作品としては本当に楽しめます。おすすめです。

dobuboba
dobubobaさん / 2008年7月16日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良くできているけど心を抉る瞬間が無い

 演出に色は無いけど、堅実で誠実。編集も撮影も技がある。演技もいい(疲れた顔のクルーニーは良く主演として堂々役目を果たしている。トム・ウィルキンソンのシーン・スティーラーぶりもいい。スウィントンもいいけどオスカーは?)。
 でも、心にドーンと残る瞬間が無い。ほんと良くできているんだけど、心を突き刺す物のない優等生な出来という感じ。

The Dude
The Dudeさん / 2008年7月12日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

葛藤。

いろんな人の葛藤が垣間見れる映画だったような気がする

人に借りを作ったり

人に裏切られたり

日常にあり得ることが

規模が大きくなって表現されただけで

根本的なところは同じだ

人は騙し騙され生きている

それがその人にとっての

善か悪かの判断が異なるだけで

人は日々善悪に葛藤され続ける

ストーリーが枝分かれしすぎてしまって

後半にならないと理解が難しくて残念だった

俳優さんとか音楽はすごい合ってたのにな

maru
maruさん / 2008年5月28日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

渋い

俳優さんがとってもいい演技をされていました。

ジョージ・クルーニーの渋さがたまりません。

内容は重いストーリーで理解するまでに時間がかかりました。

とっくん
とっくんさん / 2008年5月22日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俳優たちの演技がよかった・・・

 導入部がわかりにくかったし、なぜ車の外に出たのか、今ひとつ納得できなかった。けれども、3人ともアカデミー賞にノミネートされたのだから当然かもしれないが、俳優たちの演技がよかった。トム・ウィルキンソンは、いつもながらの熱い演技を見せてくれたし、ティルダ・スイントンはめずらしく超人的な役柄でなく、プレッシャーに耐えようとするキャリア・ウーマン役を神経衰弱ぎりぎりの演技で見せてくれた。ジョージ・クルーニーは追いつめられた役どころで、ひいきのスターではないが、ラストのタクシーの中の表情に魅せられた。まるで、「これでよかったんだ・・・」と言っているような顔つきで、長回しのカメラに捉えられていた。内容はもちろん興味深かったが、演技を楽しむ映画なのではないかと思う。

瑞
さん / 2008年5月14日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

微妙な感じ

ジョージ・クルーニが好きなので楽しみにしてた。
フィクサーという設定はなんだか見る前からワクワクさせられた。
が、ストーリは・・・・絶賛出来るほど素晴らしくはないね。

社会的問題とか法律関連の映画って、
結構グングン終盤に向けて惹きつけられるのが多いけど、
今回の作品は、ちょっと展開が・・・ってな感じです。

あまり期待せず見てください。
そちらの方が面白かったんじゃない?という感想になります。

マキシマム
マキシマムさん / 2008年5月8日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人の映画

「仕事が忙しくて映画なんて観るヒマない!」という人にこそ観てほしいってカンジ。over 40辺りの方が観ると、もっとグッとくるものがあったんじゃないでしょうか。残念ながらわたしは、半分しかグッと来てないと思うよ。

ウエイトレス
ウエイトレスさん / 2008年5月4日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もみ消せないのは自身の過去。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今年のアカデミー賞でT・スウィントンが助演女優賞を受賞、
こちらでも大いに期待を持たせて公開された作品でしたが、
なかなか骨太な社会派サスペンスだな…と思いました^^;

でも最近、こういうのをよく観る気がするんですよね。。。
テーマも目新しくはないし、また巨大○○会社の不正を
暴くいつもの展開か…とおおよその予想がついてしまう。
で、正義の味方のジョジクル兄貴が登場…するんですが
今回の彼は私生活でも問題を抱えたダメ男?な役柄で、
どうもギャンブルから足が洗えない?…いとこの借金は
背負わされるし、妻とは離婚?別居?とよく分からない。。
冒頭のあらすじが「?」なところから始まるので(汗)
これが中盤ぐらいに巻き戻されてやっと、あー!そこか!
そうだったのか。。。という感じです。けっこう長い^^;

私的に、彼と、受賞したスウィントンも良かったんですが、
(彼女が焦ってる姿ってあんまり見たことないしな~^m^)
いちばん不気味で、哀れな存在感を見せつけてくれたのが
T・ウィルキンソンでした。この人、いつもこんな感じで、
ジレンマを抱える役がとっても上手い(爆)。
だんだんと壊れてゆく彼を(でも告発するのは正常意識)
擁護するうち、自身がもみ消せない苦悩を抱えてしまう。
もともとフィクサーこと「もみ消し屋」のマイケル(ジョジクル)
なので、本当は簡単に片付けられる話だったのに、
ある光景(ここも二回観れます)に触れた時、彼の正義感が
それに非を唱え始める…。

どうみても危ない橋へ突き進んでいるのは見え見えなので、
いつ消されるんじゃないか!?のドキドキ感は持続します。
こんな仕事、やるだけで命が縮まりますよねー(;一_一)

特段派手なアクションがあるわけでも、
もみ消し屋のからくり裏が分かるわけでもないので(爆)、
ちょっと肩透かしを食らう地味な内容ではありますが…
やたら登場するS・ポラック(今回は俳優)の顔を眺めたり、
持つべきはやっぱり兄弟だな!(汗)なんて思ったり。。と
今回の案件以外のところで興味を引く作品でもありました。

(アカデミーが好きそうな作品。私は破天荒な兄貴も好き^^;)

ハチコ
ハチコさん / 2008年5月1日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 単純 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ちょっと地味かな?

俳優陣は熱演していますが、筋的には意外と普通、どこかでみたことあるかな?特にラストはそう思いました。結構たんたんとしているので、少し眠くなりました

デルフィニューム
デルフィニュームさん / 2008年4月22日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

24件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報