劇場公開日 2007年11月3日

「【ダブリンの売れないストリートミュージシャンと、チェコ移民の女性の恋歌の遣り取りがとても素敵な小品。劇中の音楽の素晴らしさは言うまでもない。】」ONCE ダブリンの街角で NOBUさんの映画レビュー(感想・評価)

3.762
23%
53%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5【ダブリンの売れないストリートミュージシャンと、チェコ移民の女性の恋歌の遣り取りがとても素敵な小品。劇中の音楽の素晴らしさは言うまでもない。】

NOBUさん
2020年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 ”はじまりのうた”を観て”ビックリし”、レンタルビデオで鑑賞。

 音楽好きの男女が交わす”一線を越えない”遣り取りを支える楽曲群が素晴らしい作品。

 男女には夫々、想う人がいるというのも、この作品の肝かも知れない。

 男が女に初めて自作の曲”Falling Slowly"を教え、一緒に演奏するシーン。(素晴らしい・・。)

 女が男の曲に自ら作詞をした、哀切だが美しい曲”If You Want Me"が流れるシーン。

 ええ、勿論サントラ買いましたよ。上記2曲が取り分け素晴らしい。勿論映画も。

<2015年7月 鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU
「ONCE ダブリンの街角で」のレビューを書く 「ONCE ダブリンの街角で」のレビュー一覧へ(全62件)
「ONCE ダブリンの街角で」の作品トップへ