「現代リバティーン」酔いどれ詩人になるまえに Jillさんの映画レビュー(感想・評価)

酔いどれ詩人になるまえに

劇場公開日 2007年8月18日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

現代リバティーン

主人公はどっからどう見てもただのチンピラである。
昼間っから酒飲んでいて女好き、おまけにすぐ仕事をクビにされるが全く同情の余地がない・・・
こんなしょうもないやつを取り上げたらPTAが黙っていないだろう。
でも、人は時には自分よりも屑なやつを見たい、らしい。

ちなみにマッドもイケメンっだがチャールズ・ブコウスキーは実物の方がずっと恰好良い。

Jill
さん / 2013年9月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報