ドッグ・バイト・ドッグのレビュー・感想・評価

ドッグ・バイト・ドッグ

劇場公開日 2007年8月11日
2件を表示 映画レビューを書く

血の涙が出る

 野良犬かつ狂犬のような殺し屋と野良犬のような女と野良犬のような刑事が互いに命を削りあう、見ていて寿命が縮むような大傑作アクション。人間の価値、命の価値ってなんだろうと当たり前のように大事に思っているものが、実はそうでもないかのような気分にさせられ恐ろしい。いざという時に簡単に投げ出すのが美しいような気分になる。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2012年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮絶・ザ・ムービー

凄い映画を見たのだ。
見終わったあと、何時間もため息が出て、激しく鳴る心臓の鼓動が収まらない、思い出すだけで目に涙が溜まる、胸が締め付けられる、そんな映画を。
トレイラーや公式サイトを見た時点では、「硬派でカッコ良さそうな映画じゃ~ん★」なんて気持ちだったんだけど。

立ち食いそばで冷やしたぬきを食って、現在日本国内で唯一の本作品上映館である新宿武蔵野館にカチコミ。
自分の前の回が終わった客が出てきて、顔を見るとどいつもこいつもドッグ面。
ただならぬ雰囲気だにゃあと思いつつ、彼らを観察してるうちに自分が見る回になった。
予告で見たい映画をチェックして、本編開始。
開始5秒でもう、、引き込まれたなんてもんじゃない。
完全ノックアウトだ。
この映画の持つテンション、暗さ、風景、人間達、少ないセリフから作られる描写、雰囲気にすっかり犯されてしまった。
善悪はともかく、そうするしか考えていくことが出来ない、生きていくことが出来ない3人の子供たちのぶつかり合い、関わり合い、直情さ、不器用さにラスト10分は自分でもビックリするくらいの鼻水と涙が止まらなかった。
映画館を出るとき、間違いなく自分もドッグ面になってただろう。

救いが無い。
そうなのかもしれない。
けれども、3人それぞれが生々しく、一つ一つの行動を消化出来たためか嫌悪感はまるで感じずに、モノ凄い映画を見たと、ただただ骨抜きにされてしまった。
面白い、とか好き、とか安易に言うことが憚れるくらいの揺さぶり。
久々に味わうド肝を抜かれたような感覚。
覚めやらぬ興奮。
今年見た映画の中で文句なしの壮絶・ザ・ムービーである。
ビシィッ!

ROXBURY
ROXBURYさん / 2007年10月11日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi