ザ・マジックアワーのレビュー・感想・評価 (4)

ザ・マジックアワー

劇場公開日 2008年6月7日
68件中、61~68件目を表示 映画レビューを書く

映画と現実のずれと、それを埋める勘違いと偶然性は実によく出来た脚本!少々小さくまとまった?

<ストーリー>
マフィアのボスの愛人、マリに手を出したことがバレてしまった備後は、何とか助かるため、ボスが探している伝説の殺し屋、デラ富樫を連れ来れると嘘を付く。しかし期限は5日。誰もその居場所を知らない彼を、わずか5日で探すことなど出来るわけもなく、追い詰められた備後は、その顔を誰も知らないことを利用して、売れない役者に撮影だと偽って「デラ富樫」を演じさせ、何とか乗り切ろうとする。

<個人的戯言>
【♪レ~ジ~メ~♪】
前作の群像劇での計算された脚本は非常に素晴らしく、今作にもかなりの期待をしての鑑賞。今作も登場人物は多いものの、ストーリー自体は殺し屋を演じる役者と、演じさせるチンピラがメインのため、群像劇的脚本の凄さというよりは、現実のものと知らずに演じる役者と、現実とのずれで笑わせる部分と、ラストはネタ振りが回収される形になっていまして、前作ほど「3分に一度」笑わせるということはありませんでしたが、ずれがまかり通る脚本はなかなか。セットや古典映画へのオマージュも沢山観られましたが、逆に監督業がこなれたためか、前作の方がエネルギーを感じられました。

【ぐだぐだ独り言詳細】
前作のように様々の人々のエピソードが入っている形とは違い、殺し屋を演じる役者の佐藤浩市と、騙して演じさせる妻夫木聡がメインで、ひたすら撮影だと思い込んでいる役者と、現実とのずれで笑わせる形で進んでいきます。始まってしばらくはほとんど笑いがなく、かなり不安になりましたが、全体を通してやつきばやにネタが仕掛けられていた前作と違い、時々入る「クスクス」系のネタが積み上げられる中で、やがてスパイラル的にあらぬ方向に向かうという展開になります。

脚本としてよく出来ていたのは、まずは演技と現実のずれがまかり通る部分でしょうか。多少無理無理なところもありましたが、台詞の妙もあり、現実世界の人たちが受け入れてしまうのと、それを生み出す偶然性はやはりよく出来ています。特にラストの展開は、ちょっとタイミングのずれ(観た人だけわかる説明です。撃つのと「破裂」するタイミングが、もっとバッチリな感じだとよかったのですが)が気になったものの、ネタ振りがしっかりされた中で、「どうなんの?」と思わせておいてしっかり回収されています。

舞台演出家出身の監督自身が、今回は映画的手法により撮影することにしたというような発言をどこかで観ましたが(出過ぎでどこで観たかは覚えてませんが)、カット割りとかよりも、セットや衣装、そして多くの映画へのオマージュには、そのこだわりを感じました。個人的には、少々まとまり過ぎたため、逆にとにかく詰め込みながら、全体の流れもしっかり構成されていた前作のような、言い知れぬエネルギーがなかったように思います。

ジョルジュ・トーニオ
ジョルジュ・トーニオさん / 2008年6月11日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑って、笑って、最後はすがすがしい気分

笑いだけでなく、売れない三流役者の悲哀などが感じられ、ストーリー的にもすばらしいと思う
個々の俳優では佐藤浩市と西田敏行のやりとりが、見事だった
あと、伊吹吾郎はツボです

ビックル
ビックルさん / 2008年6月9日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三谷様♪裏切りませんねぇ^^

三谷監督の監督とは思えない営業に圧巻!!その熱意に根負けした私、公開初日に観賞しました^^
私的にはそれほど期待はしてなかったけど、いやぁ~♪そりゃっすんばらしいデキで、ホントに涙が出ちゃうくらいに大笑いをしちまったっす♪
何たって、佐藤浩市がピカイチ☆でした^^素のときと役者になりきったとき!このギャップがめちゃめちゃ面白く、彼のキレの良い演技のおかげで、ここまで作品を楽しく出来たのでは。。。そう感心しながら観ておりました\(^o^)/とにかく佐藤浩市に高感度アップ☆そんな映画だったかな^^
素直にコメディとして観れる作品!!!大爆笑の連発で、思いっきりストレス発散できました^^♪

ゆりこ
ゆりこさん / 2008年6月9日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今までの三谷さんの映画では最高

三谷さんの映画は好きで、今までずっと見ていますが、最高です。
でも、途中でちょっと、中だるみします。(眠くなりました)

とは言っても、コメディ邦画(あまりないけど)としては最高でしょう。見る価値ありますので、
みなさん、是非見に行って下さい。

hime
himeさん / 2008年6月8日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ヾ(∇・〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

いやぁ笑った笑ったw

10秒に1回笑えるってうたい文句でしたが
確かに面白かった♪
佐藤浩市や妻夫木聡も笑えるけど
その周りの人たちの何気ない動きがまたおかしくて・・w

まつりん的にはラストは( ̄~ ̄;) う~んでしたが
上映時間がとても短く感じられる楽しい作品でした

どうしようかなぁ?って悩んでる人は映画館へε=(ノ‥)ノ

まつり★
まつり★さん / 2008年6月7日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えます。三谷監督本人も「思い通り」だそうです。

三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。

ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑)が何本かあるんですが、それらには、唐沢寿明(まぁ、彼は三谷組なので当然ですが)、中井貴一、天海祐希、鈴木京香、谷原章介、寺脇康文と豪華なメンバーが出ています。ネタバレですが、谷原章介の役どころが、佐藤浩市演じる村田大樹が俳優を目指すきっかけになっていて、しかも、その後にも、繋がっていたりしています。

劇中映画にもきちんとタイトルが付いているところが面白いです。市川崑監督、中井貴一、天海祐希出演のものが「黒い101人の女」、鈴木京香、谷原章介、寺脇康文が出ているのが「暗黒街の用心棒」、唐沢寿明が出るものが「実録・無法地帯」。それぞれ、実際の作品のパロディだったりします。

これまでの4作品で、一番、笑いが多かった気がします。上映中、劇場内に何度も笑いが起きていました。実際、三谷監督自身も「4本目にして、ようやく思い通りの作品が出来ました。」と言っているようです。実際、ちょっと長いかな(市川崑監督も「なかなか良く描けている。でも長いな」と言ったとか)。最後の方は、ちょっと集中力が途切れてしまいました。

佐藤浩市のキレ気味の演技が良いです。ギャングを演じてるときと、演じ終わったときのギャップが何とも言えないですね。それと、妻夫木聡のインチキ臭いチンピラも珍しいです。爽やかなんですけどね。戸田恵子も出番は、今回は少なめです。それでも、きちんとおいしい所は持っていっています。深津絵里も見事に妻夫木聡の彼女(って言うか、西田敏行の愛人役だけど)を演じています。完全に、妻夫木聡を翻弄していましたね。でも、彼女、妻夫木聡とは結構の年齢差があると思うんですけどね。むしろ、綾瀬はるかの方が歳は近いのでは?(失礼!)しかし、なんと言っても、伊吹吾郎が意外に良いです。印籠を出さないかと心配しましたが。それと、実は彼が謎の殺し屋『デラ富樫』だと思っていたんですが、全然違いました。

三谷幸喜が「思い通り」と言ったとおり、彼の好きなコメディーにきちんと仕上がっています。あとは、もう少し短ければ・・・。これは、市川崑監督の生前最後の出演となった作品。映画の冒頭に、市川崑監督に捧げる言葉が出ていました。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2008年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

爆笑と感動を堪能しました

売れない役者,村田大樹のおおげさな芝居,
トランポリン,
ペーパーナイフの三段オチに爆笑。

佐藤浩市はじめ,全てのキャストが面白い!

登場人物は多くても,
メインのドラマが絞られているから,
気が散らずに集中できました。

予想通りにいかない終盤は,
ままならなくても楽しい人生そのもの。

生涯現役,高瀬おじいちゃんに感動。

三谷監督の映画愛が,
スクリーンに焼き付いた見事な喜劇。

AKIRA
AKIRAさん / 2008年6月7日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

デラ富樫のキャラ最高!

三谷幸喜監督の映画は初めて見ました
率直な感想ですが、デラ面白い!!!

豪華出演陣はもちろんですが内容も素晴らしい
全編ギャグと言うわけではなく見せるところは
しっかり見せて、笑わせるところはしっかり笑わせる
とてもメリハリのある内容になってます

特に思い出のシーンは「デラ富樫、登場シーン3連発」です
佐藤浩市さん、怖いぐらいに素晴らしいです
今までのイメージがガラッと変わりました
いまではJRAのCMを見るたびに
「俺がデラ富樫だ!」と言ってナイフなめ回すシーン
が頭に思い浮かんで笑ってしまう・・・
最高のキャラクターですよ!

脇を固める役者も凄すぎる・・・
寺脇康文さんなんてモノクロでタイ人役、しかも数秒のみ
それでもカタコトの日本語でしっかり笑いをとるから見事!

いろんなジャンルから沢山の人が少しずつ登場してくるので
あれは誰? この人は? なんて探しながら映画を見ると
面白さも倍増すると思います

私は本編では見落としてエンドロールは初めて気が付いたけど
香取慎吾の名前がありました・・・
ん~どこに登場していたのでしょう?
これから見る人は是非慎吾ちゃんを捜してみて下さい!

なおたん
なおたんさん / 2008年5月29日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

68件中、61~68件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi