劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライのレビュー・感想・評価

劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ

劇場公開日 2007年7月14日
2件を表示 映画レビューを書く

シャイなダー様❤️

スペインのような山間部の街が舞台で、石畳や「時空の塔」がとても美しいです。サトシは無個性でなので、プライドが高くて目立ちたがり屋のアルベルト男爵や、ヲタクで惚れっぽいタケシのキャラが立っていました。キャラが多すぎるので、アリスとトニオは役割をアリスに統合して良かったと思いますし、その方がダークライの存在が際立ったと思います。プロット自体は悪くないですが、勿体ぶった感じでテンポも悪いので、解釈や想像を挟めなければならず、ダイレクトに伝わってきませんでした。伝説級ポケモンはビュンビュン飛び回って重量感が無く、タイトルにもなっているのに、ただの迷惑害獣でアホでした。ラストはダークライのアップで終わるのが印象的でした。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年7月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ごめん・・誤解して・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
ディアルガVSパルキアVSダークライ」(湯山邦彦監督)から。
悪役?イメージの「幻のポケモン・ダークライ」が、
「ディアルガVSパルキア」のバトルから、
必死に街を守ろうとしていたことに気付くまで、
街を破壊しようとしている張本人のように、
誰もが、ダークライを敵対視していたけれど、
私がメモしたのは、しっかりと自分の誤りを認めたこと。
「街を守ろうとしてくれたのね、気がつかなくてごめんなさい」
「ごめん・・誤解して・・」
「ダークライ、ごめん。もっと早くお前のことをわかってやれなくて」
それぞれが、それぞれの言葉で、謝っていた。
これは、簡単なようで意外と難しいこと。
それまで敵だと思っていたのに、味方だと分かった時点で、
先ほどまでの対応、態度を変えることはあっても、
一度、しっかり謝ってから行動を共にするシーンは爽やかだった。
人気アニメの。、何気ないワンシーンだけど、
こういった考え方が人気の秘密なのかもしれない。
だって、一作品一作品、感心することが多いもの・・。

shimo
shimoさん / 2017年8月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi