劇場公開日 2007年6月2日

「まずタイトルがいい」そのときは彼によろしく サクライさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0まずタイトルがいい

2015年5月1日
スマートフォンから投稿

泣ける

幸せ

邦画タイトルってなんでこんなにも素晴らしいんですかね。

見所は、まるで水槽の中のような映像の美しさと音楽、そして山田孝之の演技力。

残されたわずかな時間、それを感じさせないくらいに水草のようにゆったりと流れる時間。

幼馴染の3人の、大人になっても変わらない性格と、変わらない気持ち。そして、どんなに別れを繰り返しても、変わらず引かれ合う、強い力。

最後にカリンが残した手紙と
お父さんからのメッセージに涙が出た。

「そのときは、彼によろしく。」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サクライ
「そのときは彼によろしく」のレビューを書く 「そのときは彼によろしく」のレビュー一覧へ(全8件)
「そのときは彼によろしく」の作品トップへ