ブラックブック

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラックブック
20%
63%
14%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「氷の微笑」の鬼才ポール・バーホーベン監督が、23年ぶりに故郷のオランダでメガホンを取ったサスペンス・ドラマ。1944年、ナチス・ドイツ占領下のオランダ。ユダヤ人の女性歌手ラヘルは、オランダ南部への逃亡中に、何者かの裏切りによって家族をドイツ兵に殺されてしまう。復讐を胸に誓った彼女は、名前をエリスと変えてレジスタンスに身を投じる。彼女はスパイとしてドイツ将校ムンツェに近づき、彼の愛人になるが……。

2006年製作/144分/PG12/オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー合作
原題:Zwartboek
配給:ハピネット

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5不屈のヒロインの人間的な魅力

2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

オランダに住むユダヤ女性を主人公に、ナチスドイツ占領下のレジスタンス運動をサスペンスフルに描いたポール・ヴァーホーヴェン監督の力作。アメリカ商業主義映画を離れて祖国に戻り、自国の悲劇を簡明直截に纏め上げる。ヨーロッパ知識人の戦争批判とエンターテインメントの才能が混ざった独特な映像世界が魅せる。敵味方入り乱れるサスペンス描写の巧さ。愛する人を失い続けるヒロインの不屈の女性像の強かさ。脚本の良さと演出の確かさが映画的な興奮を誘う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

4.0二転三転する壮絶な戦争サスペンスドラマ。

2020年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レプリカント

5.0オランダの戦争秘話

2019年6月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

第二次世界大戦末期、ナチスに占領されていたオランダでの話。
ユダヤ人の主人公(カリス・ファン・ハウテン)は家族を皆殺しにされ、レジスタンスに身を投じる。
女スパイとしてナチスの将校に近づく。
次から次へと難題が起き、観ている方もハラハラドキドキの連続となる。
主演の女優さんは大変だったでしょう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5銃をどけるかキスするか

Kjさん
2019年2月18日
iPhoneアプリから投稿

十字架をぐちゃぐちゃにする、のっけのシーンからしてやられる。オランダ人と匿われるユダヤ人の噛み合わなさ。宗教の違いだけではなく、オランダ人のどうもユダヤ人に対する侮蔑感が伝わる。ユダヤ人も逆に見下している感じがある。「この関係は金か?」そんな匂いがする。ユダヤ人を被害者としてだけで捉えない。金と宝石ふんだんに持って逃げる。携えているのはお口に合うお菓子。既成の構図によらないスタンス。ポールバーホーベンらしさ。それが全編に通じて満載。
ナチス崩壊前夜のオランダ。レジスタンスは多様。親玉は共産主義者。平和主義テオの存在も光る。対する、ナチス側将校は与えられた優位を漫然と享受しながらも、それぞれの生き残り戦略を図る。善悪は棚上げし、それぞれがその利害や考えに沿って、ただもがく。主人公は「自由になるのが怖い」と語り、それぞれが戦後に向かってダイブしていく。復讐の連鎖が渦巻き、波高し。溺れ死ぬ者と生き残る者。
理と知でマウントポジションをとる元大将に対し、情が爆発して首を締めにかかる元大尉。欲に押し切られそうになりながらも、機転で躱してバルコニーから飛び降りる主人公。ただただ、人柄で世渡りを果たす友人ロニー。いずれも圧巻の描き方である。
さまざまな伏線が張り巡らされ、サスペンス要素、エンターテイメント要素も高い。所謂体当たり演技・演出はブラックで強烈。終盤の私刑はその手口が凄まじい。
そして中東戦争を繰り返すイスラエル。苦しみに終わりはない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る