バッテリーのレビュー・感想・評価

メニュー

バッテリー

劇場公開日 2007年3月10日
13件を表示 映画レビューを書く

青春映画で一番!

高校生らを主役にした青春映画をたくさん見て来ましたが、この映画が一番だと思いました。

真面目に作られているので、観客を学生だけを対象にした内容ではなく、大人も楽しめます。
野球が詳しくなくても見れて、野球シーンも本格的で物語に入り込めました。

親子関係もしっかりと描かれていて、大人が理不尽に子供を責めていたり、兄弟の片方だけに注意がいき過ぎていたり、将来のためと子供の好きなものを奪っていたり、いい勉強になりました。

子供自身の葛藤、友人との衝突など、様々なことが起こりますが、どれも詰め込み過ぎている印象はなく、それでいてちゃんと回収しているのが、すごいと思います。
バランスが素晴らしいです。

主人公の弟の青波くんも素直でとってもかわいかったです。もちろん、主人公の林遣都くんは演技上手でかっこよくて、他の作品をぜひ見たいです。

子供に見せるのに躊躇う過激なシーンがあるのは残念。ない方がいいとは思いません。早送りして見せて欲しいと思います。

映画には珍しく題名と内容が合ってるのも◎。バッテリーの成長が感じれてよかったです。

<5分カットあり>

りりまる
りりまるさん / 2018年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

納得のはまり役

原作既読。巧、豪、サワ、東、青波等、キャストが原作から抜け出てきたように、はまっている。

巧の祖父を演じた菅原文太の演技が素晴らしかった。外見イメージは原作とは違ったが、ともすれば説教臭くなるセリフが、自然と頭に入ってきた。

主演の林遣都は、ガラスでできたナイフみたいな原田巧を体現していた。ものすごい美少年。単に容姿が美しいというのではなく、今、この瞬間しかない少年としての美があった。なるほど、原田巧はこういう姿をしていたのかと納得した。

巧の弟の青波は、天使のよう。こんなに可愛くて病弱な弟がいたら、親の関心は弟に集中し、巧が原作1巻で鬱屈していたのも仕方ないと、これまた納得した。家族愛でまとめる為か、巧の青波への鬱屈した感情は映画では殆ど描写されていないので、原作既読の方が楽しめる部分と思う。

ストーリーは原作1、2巻をメインに巧中心に整理整頓され、原作よりよくまとまっていた。原作は3巻以降、他キャラ中心になって軸がぶれぶれになり、散漫になっていた為。

ラストで巧の父が、巧の野球は祈りで、病弱な弟の為に野球をしている、と述べているのは、原作読む限り的外れだが、原作を離れて家族愛ものの映画として見れば、きれいなまとめ方だと思う。

原作の原田巧は野球に呪縛され、自己存在の証明の為にボールを投げている少年だ。美しく誇り高いが尖りすぎていて、まんまやるとドロ沼にはまって、まとめられないのだろう(原作も作者が原田巧を描けなくなり、実質未完で投げ出されている)。

本作は友情、家族愛をテーマに原作を再編した作品で、直球で優しく穏やかないい作品に仕上がっていると思った。

yukinko-dayo
yukinko-dayoさん / 2018年3月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素人からのデビュー作にしてはキチンと演技できてるしうまい。 この頃...

素人からのデビュー作にしてはキチンと演技できてるしうまい。
この頃から才能あるなって感じる。
スポーツ系の映画は興味ないし見たくもないけどこれはただのスポーツ系のとは違って観れる。
キャストも結構豪華。

ハル
ハルさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感情移入できんかった

暇なので、HDDに溜まった録画映画を消化中。
スポ根モノかと思ってましたが、そんな感じでもなく。主人公の言動とか、母親の態度とか、何かしっくり来ないというか。微妙に現実離れしてるというか。
全く感情移入できないままだったので、終盤、音楽やらセリフやらに煽られても、さっぱり心に響いて来なかった(^-^;
何なんだろうな~この感じ。いろんな要素を中途半端に詰め込んで、さあどうぞ泣いて下さい、こんなん見せれば泣くんでしょ、みたいな。
穿った感想かもしれませんが、そう思ってしまいました。

ゴッチン
ゴッチンさん / 2018年1月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信頼関係にグッと来た。

 野球のことは、
 あまり分からないけれど、
 ピッチャーとキャッチャーの信頼関係にグッと来た。

たまき
たまきさん / 2017年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

来ました反則映画。泣いてください。 原作がいいんでしょうね、そら売...

来ました反則映画。泣いてください。
原作がいいんでしょうね、そら売れるわ。

キャスティングがいい。林遣都は勿論、キャッチャー役、どはまり、名前からしてぴったり、山田健太(笑)野球もみな違和感なきレベル。菅原文ちゃんの好々爺も最高!

友情だけでなく、家族愛もあり、良い作品だと思います。野球好きは無論、誰もが楽しめます。多方面で酷評もあるようですがそんなことないです。

投球場面、少し早回しするとすげえ豪速球が見られます(笑)

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バッテリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

林遣都すきやからみたけど、すごいよかった。泣いたよ。青春っていいね。1つだけ心残りなんは林遣都が映画の最後の試合に弟の病院行ってて遅れてくるんやけど、そん時まぁゆうたらあっさり前のピッチャーと選手交代するわけよ。映画やからそれでいいと思うねん。けどさその前の子の気持ち考えてみ?自分はばんばん打たれてたのに、もーなんとも言えないよね。残念無念また来年ってやつよね。それが心残りで星4つです。キャストも大人は天海祐希とかでなかなか豪華。中学生役は知ってるん林遣都だけやと思ってたら#太賀 でててびっくり。まーでも林遣都演技はそんなにうまくなかったな。でも野球はうまかった。あ、あとあの役向いてるよな。ひねくれてる、天才みたいな役。ツンデレ的な役。やからかな?キャッチボールでヘイヘイヘーイ言うたときは笑ってしまった。天海祐希もさすがやし夫役の岸谷五朗とおじいちゃん役の菅原文太もさすがだったね。おもしろかった

りーこ
りーこさん / 2016年6月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あまり頑張っていない

ちょっと期待はずれ。 一生懸命打ち込む姿を見たかった。

ジョニーデブ
ジョニーデブさん / 2015年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはなにか違う!抵抗あります。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんかすごく抵抗がありました。

なにかすべて少しづつ違う感じで、私の感性に合いません。

言いたいことはわかるけど、私の大好きなスポコンマンガの形態をとっているのが、なんとなく許せない感じです。

少年やお母さんを描くのは、すごくうまいけど、それはスポコンとは直接関係ないです。

まず言いたいのは巧君、根性ないです。

別にたいして努力もしていないし、なまいきで暗くて、性格悪いと思います。

この性格で、友人がいるのがすごく不思議です。

ゴルゴ13じゃないんだから、肩にさわったくらいでつきとばすなよ、と言いたいです。

試合のところも、バッテリーとバッターの勝負ばかり強調されていて、他の人はいるかいないかわかりません。

野球って、バッテリーだけでやるものではないと思います。

これが世の中の女性にうけるってことは、そんなに自分を押し殺して、お茶を濁している女性が多いってことでしょうか?

他の設定でやってもらえたら、感動したかもしれないけど、大好きなスポコンまがいの設定になっているので、すごく抵抗があり、あまり楽しめませんでした。

Push6700
Push6700さん / 2013年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少年たちの話か一人の天才少年の能力の話か

総合:65点
ストーリー: 60
キャスト: 70
演出: 65
ビジュアル: 70
音楽: 70

 高い能力がありながらそれをもてあましている主人公とその家族との人間関係、あるいは綺麗な田舎の風景とその地域の人々との関係。主人公の性格と能力と幼さがもたらす友情や摩擦。そのようなものがよかった。
 野球部の監督に髪を切って坊主にしろと言われ「髪を切れば少しでも球が速くなるんですか」と言い返す主人公の性格がいい。彼には野球しかないしそのためにまっすぐひねくれている。個人的には自分もそのような少年であったためによくわかる。

 その反面、物語において主人公の能力には疑問があった。成長期の少年にとって、一歳の年齢の違いによる能力差は大きい。特別体格がいいわけでもなくまだ変化球も投げられない中学一年が、直球だけで三年生をも次々と黙らせる投球をきっちりする。少々信じがたい話であり、相手チームの登場人物が中学生にしては老けているのもあって違和感があった。
 それに主人公はこの天才的な能力ゆえに我儘が許されたり魅力があったりする。もしこれがちょっとだけ優秀な投手くらいだと、ここまでの映画になっただろうか。一人の少年としての主人公よりも、投手として天才な少年の能力に物語の焦点があたりそこに頼りすぎている気がする。少年の理解されない苦悩や友情や野球の喜びがその分削がれているのが気になった。その割りには舞台は日本最高峰で自分の能力を試すわけでもなく、田舎で練習試合をするだけなのは拍子抜け。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

野球って、気持ちを伝えるスポーツなんだよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「バッテリー」(滝田洋二郎監督)から。
鑑賞後、書き写したメモをみながら、作品を振り返ったが、
不完全燃焼の自分がいた。
この作品を通じて、監督は何を伝えたかったのか、
なかなか理解できなかったからだろう、と思う。
「野球って、させてもらうんじゃなくて、するもんです」
このフレーズも心に残ったが、全編を通しての考えではなさそうだ。
また、豪速球を武器に自信満々の主人公・原田巧に、
同級生のキャッチャー永倉豪が、ドカベン並みの笑顔で呟く。
「巧、お前、連打されたことないんじゃろ?
ノーアウト満塁なんてピンチ、経験したことないんじゃろ?
お前、きっと、ピンチに弱いで」
これまた、グッときたが、ピンチに弱いシーンはあまり出てこない。
そして最後に選んだのは、岸谷五朗さん扮する、主人公のお父さん。
息子の夢中な野球を理解するため、職場の野球チームに入って経験。
なかなか理解を示さない母親に興奮して話すシーン。
「生まれて初めて(野球を)やって大発見(があったんだ)。
野球って、気持ちを伝えるスポーツなんだよ。
自分の気持ち、仲間に伝えたい、仲間の気持ち、もっと知りたい。
そんな思いがプレーに出ると、本当に楽しくて・・。
楽しくて楽しくて、たまらなくなる」と。
私の好きなスポーツも野球だから、この感覚、わかる気がする。
今、若者に人気のサッカーも、同じだろうか。

shimo
shimoさん / 2012年3月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名優人が脇を固める。

青春もので好きなストーリーでした。

萩原聖人の演技がやっぱりうまくてすごいかっこよかった。

ただ他のコメントにもあるとおり天海祐希の演技がどうもしっくり来なくて、
家族観がしっかり表現できない気がする。

映画の尺で野球部の活動よりも同級生の繋がりばかりでそんなに勝手なことをして部活動が成り立つのが違和感がある。

何にしてのキャッチャーとピッチャーの関係ってそんなに大事な事なのは初めて知った。

lomolabo
lomolaboさん / 2011年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お涙頂戴か梶原一騎かはっきりして! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

DVDにて鑑賞。

原作は文庫で6冊。それを1本の映画に全部入れることに問題がある。
現在の日本の製作委員会の弱点が出ている映画だと思う。

先に良かった所を。『バッテリー』という題名に相応しい悩める天才ピッチャーとおおらかで懐の大きいキャッチャーとの友情。サワちゃん他、仲間たちとの交流。主役の原田巧は、かなり生意気に描かれていてイマイチ好きになれなかったですが、キャッチャーの山田健太君、仲間の米谷真一君などの少年たちは愛すべきキャラでよかった。特に山田健太君は最高!こんなよく出来た子が友達にいたら、一生、離したくない。監督も彼らとのからみシーンはのって撮っている感じが伝わる。敵の名門中学との試合とか、彼らのスポ根要素をメインにしたら、同じ配役でとてもいい作品が出来たのではないかと思うと、残念…。

一番気になって最後まで入り込めなかったのは脚本。セリフの一言一言に違和感がありセンスが感じられない。始めは弟の闘病もので押して弟は今にも死にそうだという描写をしておきながら、中盤でやっと題名の『バッテリー』メインの話が始まり、弟はメインの話から消えてしまう。そして、あのラスト。弟の病気は何だったのか…。

さらに、母親の態度はリアリティゼロで最悪。原作は読んでいないので原作からこうなのかはわからないが、ここまで、男の気持ちが分からない、野球に興味を示さない母親がこの世に存在するのだろうか?そして、いくら弟が病弱なので兄に目がいかないとはいえ、ここまで兄の気持ちを理解せずに辛く当たる母親がいるのだろうか?最後の方で、父親にたしなめられて理解を示すが、それならもっと早く父親は母親を説得すべき。今にも死にそうな弟を置いて兄の試合を見に行くという設定も違和感がありすぎる。

主人公もシーンごとにコロコロ変わり一貫性がない。登場人物が多すぎてキャラもしっかり描かれない。弟も父親も主人公をいじめる上級生もコーチも脚本上はいなくても成立する存在。野球部の仲間たちの存在に救われるものの、非常に一貫性のない脚本だと思います。

ただ、別の見方をすれば、最高責任者のプロデューサーがしっかりしていれば、このような脚本は通らない。知り合いの業界の方に聞いた話では、現在の製作委員会システムでは、メインで仕切るプロデューサーがいないため、各社がバラバラに意見を言い、それをすべて脚本に組み込むことになる。今作も最近の邦画にありがちな、観客の多様化に対応して老若男女を登場させ、涙も笑いもスポ根も入れ込んで、どこかでひっかかるだろうというようなまとまりのない作品となってしまっている。だから脚本だけが悪い訳ではないし、監督も出来あがった脚本の中で撮るしかないのだ。

だがそんな中で、TVがらみの企画ものでも『東京タワー』のような骨のある作品も存在しているのは映画ファンとして嬉しいことだ。今作でも山田健太君などの子役俳優たちの存在が、大きな救いである。

trekker
trekkerさん / 2007年11月12日 / から投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi