「甘めの評価だが問題ない」映画 ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター チクタク危機一髪! ホットくんさんの映画レビュー(感想・評価)

映画 ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター チクタク危機一髪!

劇場公開日 2006年12月9日
全3件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

甘めの評価だが問題ない

50分と歴代プリキュア映画では一番短い映画ですが、内容はかなり充実していますので戦闘シーンの長さを気にしなければすごくいい映画です。私も最初は戦闘短いとグダグダ言ってたクチですが、戦闘シーンにこだわり過ぎる考え方を捨てたらすごく感動する映画になってしまいました。よく言われる咲舞の性格についてはよく見たらTV版と変わっておらず、喧嘩までの流れは自然でした。TV版ではこれといった大喧嘩はなかったのでTV版の番外編と考えればすごくいい作品に仕上がっており、大喧嘩する咲舞は案外可愛かったりします。この映画には絆再びというテーマがあり終盤での咲舞の変身シーンはすごく感動できるオススメのシーンです。敵キャラの声優さんが速水奨さんだったり映画オリジナル妖精の一人の声優さんがTARAKOさんだったりするので声優さんが気になる方でも楽しめる作品です。

ホットくん
さん / 2016年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報