劇場公開日 2006年11月3日

「愛憎を描いた名作」手紙 Takehiroさんの映画レビュー(感想・評価)

3.759
26%
47%
23%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5愛憎を描いた名作

Takehiroさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

手紙(2006)

犯罪者の家族につきまとう世間の冷たい仕打ち。差別。そんな中でも見捨てずにいてくれる、友人(尾上寛之)や後に配偶者(沢尻エリカ)になる人。犯罪者とその家族の手紙のやり取り。犯罪者(玉山鉄二)は弟(山田孝之)への大学の資金を得たくて殺人を起こしてしまった。弟はその間に犯罪者の家族ということから幾多ものひどい仕打ちを世間から受ける。そして、弟は妻と愛娘を守るために詫びながら絶縁の最後の手紙を出すのだが、それだけでは終わらない。犯罪者の家族も含めての償いとはなんなのか。辛く厳しく重いヒューマンドラマ。それでも希望を失わせない、愛と憎しみを考えさせられてしまう名作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro
「手紙」のレビューを書く 「手紙」のレビュー一覧へ(全59件)
「手紙」の作品トップへ