バタリアン5

劇場公開日

バタリアン5
0%
0%
34%
33%
33%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気ホラー「バタリアン」シリーズの第5弾。前作で生き延びた主人公たちが通う大学でバタリアン・エキスが配合されたドラッグが流行し、ハロウィンのレイブパーティが恐ろしいゾンビたちで溢れかえる。前作に引き続きエロリー・エルカイェム監督がメガホンを取り、キャストも同じくジョン・キーフ、ピーター・コヨーテ、エイミー=リン・チャドウィックらが出演。また本作では、シリーズの人気キャラクターであるタールマンも復活する。

2005年製作/95分/R15+/アメリカ
原題:Return of the Living Dead : Rave to the Grave
配給:ギャガ・コミュニケーションズ,アートポート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0タールマン

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 前回、チェルノブイリから仕入れ、秘密兵器として使ってたブツに飽きたのか、今度は謎の団体にあっさりと打ってしまったチャーリー・ギャリソン(ピーター・コヨーテ)。受け渡しの際、本物かどうか確かめるというギャグも・・・。あっさりチャーリーはゾンビに殺される。

 1錠飲んだらラリってしまうだけだが、3錠飲むとゾンビになってしまう。ドラッグとして売りさばいたコーディたちには頼れず、ジュリアンの彼女ジェニー(モーレン)の研究室でも調べることに。どんどん感染は広まり、ハロウィンパーティでもやばいことに・・・。研究室にあったドラム缶からは懐かしきタールマンも登場。インターポールを名乗る2人組も笑わせてくれながら、必死でブツを探すのです。

 前作よりもコメディ色が強くなり、ドタバタ加減も常軌を逸したものとなった。このオバカ度のおかげで楽しく見ることができるけど、怖さはさっぱり・・・お色気度もたっぷりだし。しかし、最後のドタバタ感を収束させるには、やっぱり米軍の登場なんだな。ばかばかしさと社会風刺が相容れない状態となって、結局はがっくりきてしまう作品・・・まぁ、初心に帰るような部分があったのに、残念な結果です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「バタリアン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「バタリアン5」以外にこんな作品をCheck-inしています。