M:i:III インタビュー: マギー・Q インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「M:i:III」 > インタビュー > マギー・Q インタビュー
メニュー

M:i:III

劇場公開日 2006年7月8日
2006年6月22日更新

イーサン・ハント率いるIMFチームの一員で、“美しき武器のエキスパート”ツェン役を演じたのは、モデルとして数々の有名雑誌の表紙を飾り、ジャッキー・チェンのもとで映画女優デビューを果たしたという経歴を持つマギー・Q。モデル時代に滞在した東京の話など、彼女の素顔に迫るインタビューをお届け。(聞き手:町山智浩

マギー・Q インタビュー
「わたし獣医さんになりたかったんですよ(笑)」

武器のエキスパート、ツェン役で華麗なドレス姿も披露するマギー・Q 武器のエキスパート、ツェン役で
華麗なドレス姿も披露するマギー・Q

──「M:i:III」に抜擢されたのは「レディ・ウェポン」で女殺し屋役を演じたから?

「(笑)。監督はあの映画を観てません。普通に送ったオーディション・テープを見て連絡してくれたんです」

──ハリウッド・スターになって、子供の頃の夢がかなった感じ?

「全然(笑)。わたし獣医さんになりたかったんですよ(笑)。うちは豊かじゃなかったんで子供の頃から、ウェイトレスや新聞配達をして働いてたんですけど、大学に入る前、友達から『あなたなら東京に行けば、モデルになれるわよ』って勧められて、学費を稼ぐために行ったんです。でも、帰る気がなくなっちゃって。ハワイに生まれ育ったわたしにとって東京みたいな大都会も、あんなに大きなお金をもらったのも生まれて初めてだったから。まだ17歳で、バカだったし(笑)」

──でも、日本は物価が高くて大変だったでしょ。

「M:i:III」プレミアのレッドカーペットにて超大作への出演でハリウッドスターの仲間入り 「M:i:III」プレミアのレッドカーペットにて
超大作への出演でハリウッドスターの仲間入り

「六本木にモデルは何食べてもタダにしてくれるお店があったんですよ。アパートは乃木坂だったから六本木で酔っ払ってもタクシー使わないで歩いて帰れたし(笑)」

──日本でいちばん思い出深いことは?

「“プロとは何か”ということを教えられました。私は夏休みのバイトのつもりだったんで最初は仕事に遅刻したんですけど『プロ意識ない人はもう来なくていいよ』って言われて。時間を守ること、礼儀正しくすること、いつもベストでいることの大切さを学びました。その後、香港に行った後も、日本で学んだプロ意識は役に立ちました。特に香港で事務所の社長だったジャッキー・チェンさんは、京劇学校で育ったせいで非常に厳しい人だったから。たとえば、こうして空のドリンクのボトルをテーブルの上に置いておくでしょ? するとジャッキーはいちいち見つけて『マギー! ちゃんと片付けなさい!』って怒るんですよ(笑)」

──ジャッキーの事務所にどうして入ったんですか?

「香港に行ってCMのモデルとして人気歌手と共演したら『2人はデキてる』って芸能スキャンダルになって(笑)、それで私を知ったジャッキーが『君、女優にならないか?』って連絡してきたんです。最初は断りました。演技の経験がまるでなかったから。でも説得されて、気がついたらジャッキーにアクション修行させられてた(笑)。演技の勉強じゃなくて(笑)。クンフー、詠春拳、テコンドー、なんでもやらされて(マギーはガリガリのモデル体型のようだが、腕を上げると肩にはたくましい力コブが!)。香港映画ではキックは全部フルコンタクトだから、ひどい怪我もしました。今も痛むんですよ。爆破シーンも本物の爆弾をテストなしで爆発させるし(笑)」

ジャッキー・チェン仕込みのアクションでIMFチームの一員として活躍 ジャッキー・チェン仕込みのアクションで
IMFチームの一員として活躍

──ハリウッド映画はCGだから安全でいいよね。でも、ジャッキーはそれが不満なんだよね。

「ハリウッドの悪口ばかり言ってましたね(笑)。それにハリウッドは分業主義で、他のスタッフに意見できないのが辛いって。ジャッキーはアクションだけじゃなくて脚本から撮影から何から何まで仕切るでしょ。誰よりも技術と経験があるから」

──そのへん、ジャッキーってトム・クルーズに似てない? 大スターで大プロデューサーで、黒のTシャツが好きだし(笑)。

「そう言われればそうね(笑)。スタントも自分で全部やるし、誰よりもたくさん働くし」

──そんな2人に育てられてあなたは本当にラッキーガールですね(笑)。次回作は?

「ニューヨークで今、ハリウッド製のコメディを撮ってます。『怒りの卓球』(笑)というコメディで、暗黒街の闇ピンポンの話(笑)。わたしのアクション・シーンが盛り沢山だから楽しみにしてください!」

インタビュー

関連コンテンツ

特集

シリーズ3作徹底比較!見えてきた“お約束”とは?
特集

トム・クルーズ製作・主演の大ヒットシリーズ6年ぶりの新作「M:i:III」が、ついに登場する。シリーズものとはいえ1作ごとに監督を変え、テイストも異なり、独立した物語になっているので、過去2作を観ていなくても楽しめることは請け合いだが...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

キャラクターを重視し過ぎて、作戦の描写が中途半端に
映画評論

J・J・エイブラムス監督は、ヒッチコックがお好きなようだ。ヒッチおじさんが好んで使った「マクガフィン」、つまり、登場人物にとっては非常に重要で、それを巡って物語が進むのだが、観客にとってはほとんど意味がないし説明もされないサスペンスの...映画評論

DVD・ブルーレイ

M:i:III[Blu-ray/ブルーレイ] M:i:III[Ultra HD Blu-ray] M:i:III スペシャル・コレクターズ・エディション【2枚組】[Blu-ray/ブルーレイ] M:i:III[Blu-ray/ブルーレイ]
M:i:III[Blu-ray/ブルーレイ] M:i:III[Ultra HD Blu-ray] M:i:III スペシャル・コレクターズ・エディション【2枚組】[Blu-ray/ブルーレイ] M:i:III[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2019年4月24日 最安価格: ¥962 発売日:2018年7月25日 最安価格: ¥4,680 発売日:2010年9月16日 最安価格: ¥2,754 発売日:2013年7月19日 最安価格: ¥2,571
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全60件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報