やさしい女(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

やさしい女

劇場公開日 2015年4月4日
1件を表示 映画レビューを書く

男には女の気持ちは解からない、ということ ネタバレ

ブレッソン監督作品は、映画を観はじめた中学の頃に『白夜』を、その後『抵抗』を観たきり。
『白夜』が理解できなかったトラウマというかなんというか、そんなものがあって、永年その他の作品を観るのを無意識に避けてきた感じ。

今回、改めてブレッソン作品に挑戦してみて・・・

うーむ、素直に、おぉすごい、素晴らしい、といえないところがもどかしい。

なんというか、あまりに説明がなさすぎるというか、非情というか。
なかなか、心情的には判りづらい。

それもそうで、このハナシ、年若い女性に惚れて結婚した夫が「おんなは、わからない・・・」といっているのを、夫の視点・回想で進めているからだ。

「貧しい家庭で勉学にも困っている女性に惚れ、その境遇から助けたのだから、あとはオレのことを好きになってくれよ、困ったことなんかがあれば当然助けてやるから」

これが夫の主張である。

「男は愛よりも、結婚を望むのね。愛は互いを理解すること。けれど、結婚は、価値観を押し付けて、型にはめる代わりに、不自由な暮らしはさせないという約束にしかすぎないわ」

女はこのように言っている。
ただし、それを口に出さない。
なぜなら彼女は「Une Femme Douce」だから。
英語でいうと「A Gentle Woman」、弁(わきま)えた女、だから。

そういう女と男の成り行きを、ブレッソンは少ない台詞、短いシークエンスで繋いでいきます。

なので、心情的にわかる前に映画が進んでいきました。
ここが、素直に、おぉすごい、素晴らしい、といえず、もどかしいところ。

しかし、中盤、夫が妻は浮気をしているのではなかろうか、と勘繰る下種な展開になってから、俄然、おもしろくなりました。

そうか、夫は誤解しているのかぁ、いや、誤解でなく非解しているのだ、と気づいたから。

浮気現場を押さえんとして、車に乗り込む夫のワンカット、ヒッチコックも顔負けのサスペンスカット。

自動車の後部、ハンドルの後ろ側から質屋の入り口を見透かすカメラ。
質屋のドアを開け、自動車に乗り込む夫。
上着の裾がシートの上に引っかかったまま発車させる。

それだけなのに、恐ろべしいほどの緊張感なのだ。

じゃぁ、夫はなにを解かっていないのか・・・と、このあたりから考え始めた。
すると・・・

「男は愛よりも、結婚を望むのね」といった女の台詞。
金の十字架からキリスト像だけを質入れから返そうとした無情な(非愛な)夫。
彼女の好きな音楽や博物学に興味を寄せない夫。
そして、好きでもない観劇や旅行に誘う夫。

価値観を押し付けて、型にはめるばかり。

だから、会話するよりも、沈黙のほうがふたりには心地いい。

ああ、怖い。

すれ違う男女の心なんてものじゃないな、これは。

巻頭と巻末で、窓の外を舞う女の白いショールは、やっと解き放たれた女の象徴なのだろう。

りゃんひさ
りゃんひささん / 2015年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi