「執念の捜査と狂気の追跡」フレンチ・コネクション アントニオバンデラスさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「フレンチ・コネクション」 > レビュー > アントニオバンデラスさんのレビュー
メニュー

フレンチ・コネクション

劇場公開日 1972年2月26日
全19件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

執念の捜査と狂気の追跡

ジーンハックマン演じる主人公のポパイ刑事は、マフィア達を検挙する為に、麻薬の大口取引の現場を抑えようと捜査します。情報や証拠を抑える為なら荒っぽい手段も容赦なく使い、必要以上にしつこく追いかけ回します。時には周りの人々や市民に危害が加わってしまっても関係なく目的を追行しようとします。

そんな主人公の姿には執念そして狂気すら感じました。

カーチェイスのシーンは凄まじい迫力で、かなり衝撃的です。

見応えがあり、間違えなく傑作です。
フリードキンの鬼気迫る演出やはり凄い。

アントニオバンデラス
さん / 2018年12月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報