劇場公開日 1975年5月31日

「『Rock Cinema Paradiso』」ファントム・オブ・パラダイス 地蔵菩薩さんの映画レビュー(感想・評価)

3.713
33%
35%
27%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0『Rock Cinema Paradiso』

2020年1月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

楽しい

🎶ロックと私と映画…その強固なトライアングルが私の内部構造。それを形成し植え付けてくれた「Tommy」「ロッキー・ホラー・ショー」と共に、大切な70年代中期の、私的「Rock Musical Movie Best 3」不滅の名作です🎶

【return my soul! return my lover!】

『魂を返せ!恋人を返せ!…悲痛なウィンスロウの叫びは強烈なロックに散りくだかれた』当時から保存している強烈なデザインのチラシに書かれているコピー🎭

「オペラの怪人」を換骨奪胎し、「ファウスト」「ノートルダム・ド・パリ」「ドリアン・グレイの肖像」などの古典も配合させ、ロック・ミュージカルに改造したデ・パルマ監督の脚本は、コミカルな要素もスパイスにしており、見事としか言い様がない👤

本作出演前が「最後の猿の惑星」で、今や米国作曲家作詞家出版者協会会長でもある、ポール・ウィリアムスが出演&音楽、またそれ以外のキャストの胡散臭さにニヤケてくる🎹

主演のウィリアム・フィンレイは、デ・パルマの前作「悪魔のシスター」に出演し、本作の後「悪魔の沼」というB級魂くすぐる作品に出演。ヒロインのジェシカ・ハーパーはこの後「サスペリア」(何と昨年公開のリメイク版にも出演)、そして「ロッキー・ホラー・ショー」の続編「ショック・トリートメント」に出演。ロッキー繋がりでは、「ロッキー」の1作目で、スケート場作業員役のジョージ・メモリも出演している🎼

ビーフ役のゲリット・グレアムは、デ・パルマ&デ・ニーロの「ブルー・マンハッタン」、アレックス・コックスの「ウォーカー」(この作品には「エル・トポ」に出演しているアルフォンソ・アラウも出ていた)などに出演…そんな隅々迄、面白すぎるキャスティング…少なくとも私は超楽しめる🎭

【Get Yourself Together!】

ライブ初日にビビるビーフにメモリが言う台詞だか…純真無垢すぎなウィンスローにこそ言いたくなる…「しっかりしろよ!落ち着けよ!」って…だがロクな目にもロックな目にもあわない。決してロクデナシではないのに😢

…DVDで再観すると、先日漸く鑑賞した「ジョーカー」に作劇の精神構造が、驚く程通じていた…どちらも弱者でお人好しな為、不幸続き。作風は、SF的でROCK的、悲喜劇な復讐劇…違う点は、恋人を奪われないジョーカーは、怒りを広角な射程範囲へ移行出来たが、恋人を奪われたウィンスローは、怒りの標的をスワンのみに絞り、攻撃に出るが…ことごとくミスってしまう。「おもろうて、やがてかなしき」、滑稽が悲哀に変わる本作の、唯一無比な魅力となった👤

【余談映画祭】

🎵本作に登場する架空のバンド「ジューシー・フルーツ」は、後に近田春夫がプロデュースし実在のバンドとしてデビュー。自身のバックバンド「ビーフ」から近田氏が抜けただけであったが、名前そのまま使用は、本作への愛あっての事。

🎼本作の「デス・レコード」は当初「スワン・ソング」だったが、製作中にツェッペリンが「スワン・ソング」を設立した為、急遽変更となった。でも「デス・レコード」って名前の方が全然ロックだと思う。

🎭ウィンスロー仮面は、それなりにカッコ良く、一部ではかなり人気もあり、後々、エイリアン系のモンスターや日本のアニメ、戦隊モノや平成ライダーに影響を与えたらしい。…ならばウィンスロー仮面に影響を与えたのは何か?と考えたら…西洋の甲冑や鉄面、ウルトラマンやセブンの星人、ライダーマン(口あいてるからね😅)かもと夢想する。

👤尽きぬ余談はこれぐらいにして…最後に再度、当時のチラシから抜粋…

🎵「偶像破壊的な痛快さはこの映画の生命だ」(タイム誌)

🎼「二つのミュージカルによる映画へロックの革命…一つはロンドンの舞台からアメリカに渡ってセンセーションを起こした「ロッキー・ホラー・ショー」 、もう一つは映画オリジナルとして作られたこの「ファントム・オブ・パラダイス」。ロックの世界に斬新なアプローチを試みた秀作」(アフターダークマガジン誌)

1980年3月/西梅田サンケイビル視聴覚ホールにて鑑賞。同時上映「Tommy 」🎶

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
地蔵菩薩
「ファントム・オブ・パラダイス」のレビューを書く 「ファントム・オブ・パラダイス」のレビュー一覧へ(全13件)
「ファントム・オブ・パラダイス」の作品トップへ