「青春時代の終わり方」ビッグ・ウェンズデー とみいじょんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ビッグ・ウェンズデー」 > レビュー > とみいじょんさんのレビュー
メニュー

ビッグ・ウェンズデー

劇場公開日 1979年4月21日
全9件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

青春時代の終わり方

徴兵適合試験の場面にショックを受ける。
 ああ、この時代、USAはまだ戦争に兵士を送り出していて、”死”というものが、遠くにあるものであり、すぐそばにあるものだったのだなと思う。

いずれ、死ぬかもしれない者たちだから、目をつぶると腹をくくっているのかと思いたくなるほどの、乱キチ騒ぎ。ホームパーティの実態がああいうものだとしたら、親が子どもの動向に目を光らせるのも、”純潔”を大人が叫ぶのも、わかる気がする…。

そんな中でも、一番あばずれに見えた女性が、映画全体を通すと一番格好良い。
 そして、だから?アルコールに溺れクズのような有様のマットが、彼女から逃げないところもすごい。

そんな、なんだかんだで、サーフィンだけをやっていればよい年代も過ぎ、そして…という流れを見せてくれる。

途中、マットがクズのようになる理由がわからず、
また他のジャックとリロイが何を考えてあのような暮らしをしたのか語られておらず、
青春群像とみると物足りない。

だが、マットの選択が、妻子を養う責任が背後にあるんだろうなと思うと、自分のことだけ考えていた青年(≒ベアー)から、自分の大切なもののことも考えられるようになった成長に感動してしまう。

サーフィン場面はすごい。
『ガイアシンフォニー第4番』もすごかったけれど、
次から次に押し寄せてくる波。
その波を自在に操るサーファー達。風に乗っているようだ。

だが、後半、ビッグウェーブが来ると、海の表情が一変する。
波にのまれて放り出されるサーフボード。
持ち主から離れて舞い上がったサーフボードに直撃されてけがをするんじゃないかとハラハラする。

それだけじゃない。
遠浅の海しか知らない私には、彼らが波に乗っているその下の海底は岩場であることもあるんだと当たり前のことを思い知らされる。

そして、海流の力。プールと泳ぐのとは違い、動きがままならない。焦れば焦るほど、波の力に巻き込まれる。

普通なら力をに抜けば自然と浮かんでくると、プールでは教えられるけれど、波に身を任せれば、海底の岩場にたたきつけられたり、引き潮で沖に引っ張られたり…。

命がけの所業。

だからこそ、己の力を試してみたくなるのだろう。

でも、自分が輝く場は一つではない。
そんなさわやかな贈り物をもらった気がする。

(東京国際映画祭、野外上映にて鑑賞)

とみいじょん
さん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報