「少し宇宙の表現が手を抜きすぎ」2001年宇宙の旅 Pros Sunさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

2001年宇宙の旅

劇場公開日 2018年10月19日
全131件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

少し宇宙の表現が手を抜きすぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最近の宇宙物の映画はしっかり無重力を表現していますが、ここまで手を抜いていて映像にこだわるのはなんか変な感じの映画。
普通にコーヒーをコーヒーカップに注いで出るわけない!
普通に立っていて露骨に360度回ったりとかアピールばかりで
それと余計な効果音がうるさすぎて段々見る気が失せる。
この当時だってSEと言う効果音がありそうなものだが、人の声を使って効果音みたいにするからまるでホラー映画状態??
何をしたいのかよくわからない。
これの続編はかなりその辺が修正され良くなった感じでキャストも変えたので見やすくなった。
なのでこの映画はモノリスと言う部分を抑えておけば続編を理解しやすい感じだがそこまで行くのが長いのでもう少し余計なシーンを落としてシナリオを作り直したほうが良かったような?

Pros Sun
さん / 2018年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
せろ
せろさんのコメント
投稿日:2018年12月6日

ご指摘の「コーヒーを入れる」シーンは、月面上の空間を低速飛行している輸送機の中ですね。軌道速度に達していないので、重力は地球の6分の1ありますよ-。本作科学考証グループの名誉のために申し上げておきます。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi