「名作を「体験」できる貴重な機会。」2001年宇宙の旅 hhelibeさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

2001年宇宙の旅

劇場公開日 2018年10月19日
全136件中、18件目を表示
  •  
映画レビューを書く

名作を「体験」できる貴重な機会。

初見。
鑑賞前に町山さん解説動画の「予習編」、観賞後に「復習編」を見て、なんとか内容が把握できた。

鑑賞中のラスト30分ぐらいは「私は何を観させられてたんだろう…洗脳されるのかな…」みたいな気持ちだった。こんな映画観たら、そんじょそこらの映画じゃ驚かなくなるな…。

でも本当に宇宙にいるような無音状態を始めとした緊張感溢れる音響とか、宇宙空間やディスカバリー号内部の緻密に作り上げられた画面構成など、IMAXで観る価値大アリの映画体験ができてとてもよかった。
モノリスが発する超音波やけたたましいアラーム音などの堪え難いほどのノイズや、恐ろしいほど挑発的なカットも多いんだけど、それも含めて「名作を体験してるなぁ」という感慨が。
元々シネラマ用の体験映像として作られた映画らしいし、テレビとかPCモニターで観ても「観た」という事実以上のものは感じられないんじゃないかなと。

「復習編」を見た感想は、「なるほど、分かるかーい!」
私はSFをあんまり見ないので「完全にフィジカルから解放された生命体≒神」とか、「人類はひとつになり、次のフェーズに進む」とか、いろんな概念がいちいち新鮮で面白かった。
エヴァはこれを元ネタにしてたんだなぁ。
たまの「さよなら人類」も、この映画からインスパイアされたものなのかな。

hhelibe
さん / 2018年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報