「執念の逃亡!」逃亡者 きーとろさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「逃亡者」 > レビュー > きーとろさんのレビュー
メニュー

逃亡者

劇場公開日 1993年9月18日
全21件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

執念の逃亡! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

しっかりとした逃亡劇。徐々に真相が明らかになっていく様にも引き込まれた。

連邦保安官達のちゃんと捜査はしつつもノリが軽く、会話もおもしろい感じで好き。

主人公が逃げながら真犯人を見つけ出そうと奮闘する姿にはスリルがある。
セントパトリックスデーの行進に紛れて逃げる場面が印象に残った。川も緑に染めるんですね〜綺麗。いつか行ってみたい。

主人公が病院に紛れ込んで子供を助けるところは人柄がわかる演出でよかった。有罪になっても信じてくれる人がいることの裏付けになってた。

しかし、なぜ奥さんが殺されたのかはよくわからなかった。目撃されたから?最初から主人公も含め殺すつもりだった?主人公に濡れ衣着せるため?
奥さんが電話で夫の名前呼んだのも謎。混乱してた?犯人に言わさせられた?助けを呼んでた?

家に押し入った犯人の姿も、回想からではわかりづらい。ミスリードを狙っているのかもしれないけれど、ちょっと説明不足かなと感じる部分も。

ラストの主人公と保安官との会話にほっこり。トミーリージョーンズが若くてかっこよかった。

きーとろ
さん / 2018年8月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報