トゥルー・クライム

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
11%
50%
30%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「許されざる者」のクリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務め、アンドリュー・クラバンのサスペンス小説「真夜中の死線」を映画化。カリフォルニアの地元紙に勤めるベテラン記者エベレットは、交通事故死した同僚の仕事を引き継ぎ、死刑執行を目前に控えた囚人ビーチャムの取材を行なうことに。ビーチャムの無実を確信したエベレットは、刑が執行されるまでの残り少ない時間の中で真相を暴こうと奔走するが……。

1999年製作/127分/アメリカ
原題:True Crime
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5新聞記者が、死刑囚の青年について執行の数時間前に疑問を抱き、そこか...

省二さん
2020年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

新聞記者が、死刑囚の青年について執行の数時間前に疑問を抱き、そこから目撃者や弁護士等に取材をして証拠を集め、執行中に死刑を中止させるという、いかにも映画という話。
出来過ぎではあるが、もちろん後味は悪くない。
主人公のイーストウッドが真っすぐな正義漢ではなく、プライベートではだらしないクズ男だという点は結構人間ぽくていいかも。
それにしても凶器の銃が発見されておらず、自白もないのに目撃証言だけで死刑判決が出てしまうのは恐ろしくずさんな司法だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
省二

3.0直球勝負で観たかった

odeonzaさん
2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

3.5主人公にもう少し共感したかった

よしさん
2020年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

クリントイーストウッド主演のサスペンスです。正直、あまりクリントイーストウッド主演映画を鑑賞しようとは思わないのですが、CS放送局の公式レビューにつられて鑑賞。
カタルシスを感じるには「冤罪を暴く」だけで十分で、この作品でも十分に味わうことが出来ました。
特に、ラストの展開は手に汗を握るものでした。

ただ、主人公に共感を覚えなかったのは残念です。不倫を繰り返し、妻子を裏切り、自分の才にかまけて仕事も自分勝手。前半にそれを見せられて、ゲンナリしてしまいました。
せめて、「仕事人間」ってところに止めておいて良かったのでは?と思わずにはいられませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし

4.020年たったら、運び屋

まろさん
2020年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まろ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る