Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼のレビュー・感想・評価

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼

劇場公開日 2008年5月24日
4件を表示 映画レビューを書く

悪魔との契約者

悪魔と契約したんでしょうかね
デスノートのような感じです

全体的に暗い雰囲気のまま進行していきます
終わり方もそんな感じなんだろうと思いました

なぜ殺人鬼になったのかは観た人の考えに任せるんでしょう

赤いおじさん
赤いおじさんさん / 2010年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと悪いヤツでも良かったのでは?! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

良き父良き夫で、事業にも成功している実業家が、実は殺人鬼というもの。

前半は、うまくストーリーが運び、後半に期待が高まるが、中だるみしてしまう。
それを補うかのように、意外な事実が浮かび上がるが、結末は良くなかった。

ケビン・コスナー演じるMr.ブルックスの苦悩があまり感じられなかったのが残念。
もう一人の自分の悪魔(ウィリアム・ハート)に、そそのかされるとすぐに応じてしまったり、
「楽しんで殺人鬼になっているのではなくて、依存症なんだ」というのなら、その経緯を描いてほしかったな。

せっかくのデミ・ムーアとケビン・コスナーとの絡みのシーンもなく、もったいない。

ラストは、「おぉ~~!!」こうきたか!と思ったものの、夢オチとは残念。
驚きのままで良かったのではないかな。

りりー
りりーさん / 2010年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗い

ケビンコスナーの作品観るのホント久し振り。相変わらず上手いです。しかも今回の役所になりきっちゃってますから観るもんも入りやすいです。
この作品の凄さはズバリ完全犯罪。一切証拠などは残さず殺人をやり遂げます。ケビンコスナーの静かな殺人シーンには何か日常的に当たり前だと思わせてくれるとこが怖い。ある殺人をやり遂げた後、ある奴に写真を撮られそいつと行動するのですがまたこいつも暗くてかなり変奴。デミームーアが刑事役で出てますが、こちらの演技、存在力もありで濃い味になるのかと思えばさすがは両者薄味で上手いです。
心の葛藤をもっと上手く観せてくれればスコア上がるのですが、こんなもんです。暗くて静かな殺人映画です。

ましゃ
ましゃさん / 2009年7月1日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二面性を秘めたブルックスの人物像にカリスマ性と説得力が吹き込ませた、コスナーの演技がとにかく良かったです。

 家族思いの実業家にして、残忍な連続殺人鬼。
 完全悪役に初挑戦するケビン・コスナーがこれまで演じた役の中でも複雑で多面的な層を持つキャラクターに挑むサスペンス作品です。
 ラストの連続どんでん返しで『ミスト』に続きイヤな終わり方をまた見せつけられるのかと思いきや、1回捻りがあり、結末は本当に意外なものになりました。これなら続編も楽しみです。話題の『ミスト』よりも面白いと思いました。

 いまハリウッドはサイコ・スリラーが人気ジャンルになっていて、風貌の不気味さや性格の残忍さばかりを強調したステレオタイプな連続殺人鬼を生み出しています。けれどもこの作品のアール・ブルックスは、心優しきファミリーマンにして切れ者の実業家。どこからどう見ても理想的なナイスガイが、倒錯的な欲望に駆られて凶行を繰り返す殺人中毒のシリアルキラーだという設定なんです。
 殺す方法も、ガンで即し。サイコ・スリラーにしては殺しの場面で、過剰な恐怖感を煽らないのです。ブルックスをコスナー演じることで、むしろクールでかっこいいという感じすらしました。
 『ソウ』シリーズや『ゾディアック』といった近年話題のスリラーを例に出すまでもなく、殺人鬼は闇の中に隠れ潜むというのが常識だが、ブルックスは堂々とハンサムな顔をさらし、セレブリティとして悠々自適の社会生活を送っている点が、これまでの作品と大きく異なるところです。やはりこの男を興味深い人物にしているのは、通常ならば殺人鬼の心の中には見えない“良心”を持っているからだと思います。
 それとこの作品のキイポイントは、ブルックスの分身“マーシャル”の存在です。統合失調症にかかったみたいにブルックスの幻影としてつきまとう“マーシャル”は、彼のなかの邪悪な欲望の代弁者として、彼に殺人をそそのかすのです。
 そんな彼のなかの二面性を、完全に独立した別人格として、描いているところも特異な点です。マーシャルの存在により、殺人異存症から抜け出せないブルックスの性癖が、観客にも分かりやすく伝えることに成功しています。

 さらにストーリーも巧みな筆致で、ブルックスの内面に見事に食い込んで行きました。 ただ残酷に人が殺されていくのでなく、合間に依存症患者の集まりに出席し、懺悔することで殺人依存症からの脱却を試みているシーン。そして、どんなに人を殺したあとでも、神に許しを請い続ける善人であり続けよう語らせるシーンを入れることで、彼の内面の苦悩を見せるのと同時に観客にホットさせて、次のシーンに集中させる効果を生んでいます。

 加えて、伏線の張り方も凝っており、ストーリーはブルックスの殺人だけでなく、彼を追う熱血刑事アトウッドにも、彼女がかつて逮捕した殺人鬼が付け狙っていたり、彼女の離婚訴訟中の夫がブルックスのターゲットになったり、複雑に絡み合っていきます。
 またブルックスの娘ジェインにも、殺人の容疑がかかったりします。後半ジェインが自分の血を引いて、殺人鬼となりはしないか、ブルックスは恐れるのですが、それがラストの重要な伏線となりますので、乞うご期待!

 究極の二面性を秘めたブルックスの人物像に思いもよらないカリスマ性と説得力が吹き込ませた、コスナーの演技がとにかく良かったです。
 そして、コスナーが共演を熱望した名優ウィリアム・ハートは、“マーシャル”という幻影が持つ、人の持つエゴと嫌みな感情を、これでもかとブルックスにぶつけて印象的でした。
 映画『ミスト』を見て、良かったと思う人にお勧めします。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2008年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi