理想の結婚のレビュー・感想・評価

メニュー

理想の結婚

劇場公開日 2000年2月19日
3件を表示 映画レビューを書く

えーっと???

映画の盛り上がりポイントというかピンとくるものが無くて…
ケイトブランシェットが綺麗だったことくらいかなー
私が読み取れなかっただけかもしれない。
原作はオスカーワイルドか…

みきねこ
みきねこさん / 2016年9月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イギリス 古典的ラブコメ

原作はオスカー・ワイルドの戯曲「理想の夫」。理想の夫をめぐって、淑女と悪女と賢女が其々の機知にとんだ面白いやり方で火花を散らしていくのですが、なかなか楽しいのです。イギリス上流階級の華やかさの中でケイト・ブランシェットのクラシカルな優雅さが素敵です。また、ルパート・エヴェレットの自堕落的な感じもはまり役です。

nuna
nunaさん / 2014年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そんなにあっさりと終わっちゃうの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:65点
ストーリー: 60
キャスト: 70
演出: 70
ビジュアル: 75
音楽: 70

 上流階級のパーティーでは紳士淑女が集い、随分と白々しい上辺だけの会話が続く。だがその澄ました顔の裏では、たくさんの利益が絡み陰謀が渦巻いている虚飾の世界。
 オスカー・ワイルドの戯曲の映画化だそうです。喜劇ということですが、最初はあまり喜劇という雰囲気ではありません。少なくとも日本人が一般に持つような笑える喜劇という雰囲気ではなく、醜聞に脅迫にとむしろどちらかというと深刻に物語は進みます。
 そんな途中までは面白かったのだが、一悶着あったその後は、えっ、こんなことでいいの、と驚くほどあっさりと問題が終わり、それからとんとん拍子で物事がうまく回転して雰囲気もがらりと変わっていく。こんなに軽く進むのならば、このあたりは喜劇だろうか。ちょっとその豹変振りに驚く。何か物語があっさりしすぎているように感じた。

 上流社会を描いた作品らしく、衣装やセットなどは絢爛豪華。貴族社会の人々の振る舞いや言葉遣いがそれらしいのもいい。だがチーヴリー婦人が夜にアーサーを訪ねて手紙を見せて結婚の話をちらつかせる場面など、台詞回しなども華麗に流暢に進みすぎる。原作が戯曲らしく、いかにも科白をうまくまわして喋っていますというような場面がところどころにあり、どうもそのあたりに映画としては逆に不自然さを感じてしまう。やはり戯曲は戯曲、映画とは違うかな。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報