劇場公開日 2000年6月24日

ザ・ハリケーン : 映画評論・批評

2000年6月15日更新

2000年6月24日より日比谷映画ほか全国東宝洋画系にてロードショー

デンゼル・ワシントン迫真の演技

この数年恰幅がよくなりすぎていたデンゼルが、ボクサーを演じるためにストイックな肉体を取り戻した。ミーハー・ファンはそれだけで痺れるけれど、これは実話の映画化が目立つなか、素直に“感動”ってのを味わわせてくれる数少ない1本。なるほど、その鍛え上げた肉体でデンゼルは、カーターの怒りと悟りにも似た諦めや、壊れそうになる心を鮮やかに見せてくれる。でも、胸を熱くさせられるのは、これがカーターの冤罪との闘いであると同時に、彼と運命的な出逢いを果 たした少年レズラの成長物語だからこそ。不遇な環境に育ちながら、さまざまな出逢いを経て「何事も諦めてはいけない」ことを学ぶ彼の姿に、思わず勇気づけられちゃいます。アメリカ好みのメッセージにも素直に感動できるのは、実話ならではの力ってヤツでしょう。

実話ゆえに関係者に気を使ったのか、あるいは長い歳月にわたる物語ゆえに、説明が省略されてしまったのか。関係者について説明不足の部分もあるのが難だけど、おかげで疑うべきじゃない人に猜疑心を抱いてしまって、思わぬ サスペンスが募ることに。ケガの巧妙なのか、計算なのか。ノーマン・ジュイソンに聞いてみたいぞ。

杉谷伸子

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ザ・ハリケーン」の作品トップへ