主人公は僕だった インタビュー: ダスティン・ホフマン&マーク・フォースター監督インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「主人公は僕だった」 > インタビュー > ダスティン・ホフマン&マーク・フォースター監督インタビュー
メニュー

主人公は僕だった

劇場公開日 2007年5月19日
2007年5月11日更新

「チョコレート」「ネバーランド」とアカデミー賞でもおなじみのマーク・フォースター監督が手掛けた新作「主人公は僕だった」は、自分の人生が悲劇作家の小説の中で進行していると知った主人公を描くファンタジー。ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、マギー・ギレンホールら実力派キャストの中から、フォースター監督と2度目の顔合わせとなったダスティン・ホフマンと、フォースター監督のインタビューをお届け。互いの印象などを聞いてみた。

ダスティン・ホフマン インタビュー
「監督は“静かなる独裁者”という感じだよ」   編集部

ハロルドを助ける大学教授役ダスティン・ホフマン ハロルドを助ける大学教授役
ダスティン・ホフマン

――マーク・フォースター監督とは「ネバーランド」以来2度目の仕事ですが、あなたからみた監督の印象は?

「彼はユニークな監督だね。確固たるビジョンを持っているんだけど、存在を主張しないという珍しいタイプなんだ。ほとんど声も発さずに、私たち役者から望みどおりの演技を引き出す様子は、まさに“静かなる独裁者”という感じだよ」

――主人公を演じたウィル・フェレルはいかがでしたか?

「世間のイメージそのままの人物かと思っていたんだけど、会ってみると実際はまったく違って驚かされた。シャイで内向的で、物静かなんだ。ただ、そんな素顔の下に、時折ちらりとユーモアがのぞくんだよ。また、彼は本気で“俳優になりたい”と思っているんだ。すでに立派な俳優だと思うけど、さらに上を目指したいということなんだ。彼はコメディアンだけど、役になりきる力があって、パフォーマーというよりも、俳優向きだと思うよ。ちょうど、監督ともキャスティングの重要性について話していたんだけど、ウィルはハロルドと同様、子供のような純真さがあって、本質的な部分でそっくりなんだよ。僕がここ数年で会った10歳以上の人間で、いまだに“GOSH!(チェッ!)”なんて言うのは、彼だけだよ。しかも、しょっちゅうね(笑)。監督の仕事は9割がキャスティングと言われるくらいだと思うけど、その意味で、この作品はウィルをキャスティングしたこと時点で成功しているんだ」

マーク・フォースター監督インタビュー
「ダスティンは、全ての環境を居心地の良いものにしたいと考えているんだ」

マーク・フォースター監督 マーク・フォースター監督

──ハロルドが助けを乞う文学理論の大学教授ヒルバート役のダスティン・ホフマンとは、撮影に入る2週間前に入念なリハーサルを行ったそうですね。2度目となる彼との仕事はいかがでしたか?

「ダスティンと2人で実際のロケ地へ行ってリハーサルしたんだけど、彼は非常に小道具にこだわる人で、教授が使うコーヒーカップ、ペン、本など細部にまで気を遣っていたね。彼は全ての小道具や環境を、居心地の良いものにしたいと考えている俳優なんだ。だから現場に行ってどのように動くのかを説明しながら、僕がハロルド役を演じながら全シーンを作り上げていったよ」

──「主人公は僕だった」はコメディでありながらも笑いの要素は抑えられていて、ファンタジーとラブストーリーが絶妙なさじ加減で描かれていたと思います。ハリウッドで争奪戦になったというザック・ヘルムの脚本を、監督がアレンジしたところはありましたか?

「脚本に関してはヘルムとかなり時間をかけて練っていき、2度書き直してもらったんだ。そのおかげで完成版は俳優たちからも気に入ってもらえたから、珍しいぐらい何も変えてないんだ。だから撮影はとてもスムーズだったよ。様々な要素が含まれている映画だけど、観客に一番感じて欲しいのは“生命を肯定する”という気持ちだね」

“死”を扱った作品はひとまず終了 “死”を扱った作品はひとまず終了

──監督の作品は“死”が語られていることが多いですが、“死”をどう意識している?

「確かに『ネバーランド』『ステイ』『主人公は僕だった』の3作品は“死”を語っていると言えるね。これらは、それぞれファンタジー要素がありながらも、死をテーマに描いている3部作だと考えている。西洋では全ての恐怖感の根底にあるのが“死”だから、昔からこのテーマに興味があったんだけど、これが最後になると思う。今後は“愛”について語っていきたいね。次回作『The Kite Runner』(編集部注:アフガニスタン出身作家カーレド・ホッセイニの小説を映画化したもので、60年代後半~01年のアフガニスタンを舞台に、愛、友情、絆、裏切り、贖罪をテーマに描く人間ドラマ)は、どちらかというと『チョコレート』のような現実的なストーリーになってるんだ」

画像4

「ハロルドを救え!」キャンペーン、モバイルでも実施中!

画像5

主人公ハロルドはここに! モバイル版“ハロルドを救え”キャンペーンは、右のQRコードからアクセス!

マジカル・ムービー投票結果発表!

5月7日に行われたeiga.com×TSUTAYA online共催の「主人公は僕だった」独占試写会。応募時に皆さんから投票いただいた“あなたが選ぶマジカル・ムービー”の結果を発表!

順位 タイトル 得票数
1 チャーリーとチョコレート工場 5260
2 ラブ・アクチュアリー 3549
3 シザーハンズ 3473
4 ゴースト/ニューヨークの幻 3116
5 グリーン・マイル 3113
6 Shall we ダンス? 1910
7 ニューヨークの恋 1571
8 ネバーランド 1414
9 エターナル・サンシャイン 1393
10 ビッグ・フィッシュ 1323

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

B・キートンやP・セラーズのようなウィル・フェレルの演技にうなる
映画評論

ある男の人生が、結末で必ず主人公を“殺してしまう”悲劇作家のイマジネーション、つまり執筆中の物語に左右されるというザック・ヘルムによるひねりの利いたプロットは、チャーリー・カウフマンの脚本や「トゥルーマン・ショー」のようで、まさに“小...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

主人公は僕だった[Blu-ray/ブルーレイ] 主人公は僕だった[Blu-ray/ブルーレイ] 主人公は僕だった コレクターズ・エディション[DVD] LEGO(R)ムービー 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ]
主人公は僕だった[Blu-ray/ブルーレイ] 主人公は僕だった[Blu-ray/ブルーレイ] 主人公は僕だった コレクターズ・エディション[DVD] LEGO(R)ムービー 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2007年12月19日 最安価格: ¥4,098 発売日:2010年5月26日 最安価格: ¥1,486 発売日:2009年9月2日 最安価格: ¥991 発売日:2014年8月2日 最安価格: ¥4,690
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全17件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー バースデー・ワンダーランド 松岡茉優の秘めたる覚悟、まだ24歳という現実
  • インタビュー キングダム “ハマり役”を超えた“役への没入” 山崎賢人&吉沢亮&大沢たかお「キングダム」で見た天下統一の夢
  • インタビュー 多十郎殉愛記 高良健吾、30代最初の主演作で体得した収穫と課題 “活動屋”の魂を追い求めて…
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報