劇場公開日 1999年12月23日

ラグラッツ・ムービー : 映画評論・批評

1999年12月15日更新

1999年12月23日よりスバル座ほかにてロードショー

「サウスパーク」より健全!お母さんも安心です

アメリカでガキんちょたちに大人気だというTVアニメの劇場版である。6人あわせて8歳にも満たない連中が、ときに大人たちの世界を皮肉っぽくみつめ、またあるときは子供の健気さ純粋さでホロリとさせるという、いわばガキ主人公作品の定番的な物語。実はもっと過激でブラックなものを期待していたので、このウェルメイドな話には少々がっかりしてしまった。劇場版の長さを持たせるほど話も練り込まれてないし。

しかし、だからといって見どころがないわけもなく、技術的、ビジュアル的な面 では期待を裏切っていない。ガキ向けにもかかわらず、その色はシブ目で統一され、原色はほとんど使われていない。しかも、ディズニー等のアニメとちがい<線>を活かした画なので、テイストはむしろ日本アニメ。日本の基準で言うとかわいいとはいえないキャラたちに妙に親しみを感じてしまうのはそのためだと思う。デジタルの使い方もうまく、奥行きのある演出や、自在な動きがアクションをより生き生きとさせている点も買いだ。ただし、突如ミュージカルしてしまうところには、やはりディズニーの呪縛を感じてしまう。物語を含め、思いきりが足りないということだ。

(渡辺麻紀)

関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ラグラッツ・ムービー」の作品トップへ