「悲しい天才」ニュースの天才 りりまるさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ニュースの天才」 > レビュー > りりまるさんのレビュー
メニュー

ニュースの天才

劇場公開日 2004年11月27日
全13件中、6件目を表示
  •  
映画レビューを書く

悲しい天才

心がずしりと重くなる映画でした。才能の使い方を間違えてしまった悲しい天才の話です。

度が過ぎていましたが、誰にでも少しの身に覚えは感じると思います。
自分の身を守るために嘘を真実にしようとしてしまったり、自分が正しいと周囲の人を味方につけたり、また、逆にこういった人がそばにいて、やり場のない悲しみや怒りを感じていたり。

スティーブンのような人に困った経験のある人は多いと思います。
こちらが何を言っても、のれんに腕押し状態でイライラは増すし、味方を増やされて自分の立場は悪くなってしまったり。

スティーブンのように自分を過信してる人に、周囲はうまく操られている様子がよく分かります。

編集長がとてもかっこよかったです。
社会人のお手本となるような存在でした。
同じ土俵に上がらないのが素晴らしいと思います。
どちらが周囲に認められるか、はらはらして観客をひきつけます。

人の心理がうまく表現されていると思いました。勉強になる映画でした。

<吹き替え>

りりまる
さん / 2014年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi