麦の穂をゆらす風(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

麦の穂をゆらす風

劇場公開日 2006年11月18日
2件を表示 映画レビューを書く

自由と正義に引き裂かれる同胞たち ネタバレ

500円で観られたのでいったわけですが、本当に観てよかったです。

楽しい、嬉しいとかは一切ないです。
悲しくて、理不尽で絶望に満ちていますが、よりよい明日を希求してやまない登場人物達の戦いに泣けて仕方なかったです。

軍服もない、武器も英国兵から多分奪ったもので。作戦で敵を撃てば、その惨状に怯む兵士の哀れさ。

戦争を肯定したくはないけれども、武器を手に取り、暴力でしか解決できないと思い至る気持ちがわからないでもなく、あの時代のアイルランドに生まれていたら自分はどうしただろうと考えながら観ました。

何がいけなかったのか、どうすればよかったのか。わからないけれども。

裏切った仲間を撃つところ、英国兵からの侮辱、ミホールの悲劇、拷問を受けるテディに聞こえるように唄う歌、仲間同士の意見の相違からの分裂、内戦、泣きながらダミアンを撃つ号令をだすテディ。目を逸らしたいけれどもそれではいけないと思い、観続けました。

まだ混乱していて、映画で語られていたことをどう捉えてよいかわからない部分が多いですが、時間をかけて考えなければと思っています。

だいず
だいずさん / 2014年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

いたたまれない…。 ネタバレ

イギリスが世界各地を武力統治していた頃。
アイルランドも自由を求め、各地でゲリラ的な内乱が勃発していた。
そんな時代の切ない話。

アイルランドの若者たちは自由を求め、暴徒と化す。
イギリス軍から逃げ、隠れ、そして戦う。
生々しく描きだされるその姿は弱々しくとも、勇ましい。

そしてそのゲリラ的な内乱が、いつしか自由を勝ち取るのだが、いたたまれないのはここからである。

イギリスはアイルランドの自治権を認めるも、独立は認めなかった。
ここから自治権だけでも良しとするアイルランド軍と完全独立を目指すゲリラ軍の争いになる。
今まで仲間として戦ってきた者たちが殺しあうことになるのである。

正直、何が正義なのか分からなくなる。
内容的にはいい映画である。しかし、とても哀しい気持ちにさせられる。

旅人
旅人さん / 2013年11月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報