劇場公開日 1971年

「イーストウッドとシーゲルが自らのイメージを覆そうと試みた野心作」白い肌の異常な夜 ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.18
0%
37%
59%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5イーストウッドとシーゲルが自らのイメージを覆そうと試みた野心作

2018年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ソフィア・コッポラ監督作『ビガイルド』と同じ原作小説をベースにした異色スリラーである。長らく男性映画のシンボル的なイメージが刻まれてきたイーストウッドとドン・シーゲル監督は、この題材が自分たちの表現の枠を広げてくれると確信した。スタジオ側が「もう一つのマカロニ・ウェスタン」的な売り方をしたため興収的には振るわなかったと聞くが、彼らにとってはキャリアを賭けた挑戦作。悔いは無く、シーゲル監督も自身のお気に入りの一つに掲げていたと言われる。

ソフィアが女性目線で原作を紐解いたのに対し、シーゲルは男性目線が際立つ。女性の様々な感情を濃厚なまでに抽出した描き方にも、やや過剰で狂気じみた側面が目立つ(現代の目線からすると批判を食らうかもしれない)。だが、スリラーとしてみると大変スリリングで面白く、最初は女性たちを手玉に取っていたはずが、どんどん最悪の方へ転げ落ちていくイーストウッドの表情も見ものだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら
「白い肌の異常な夜」のレビューを書く 「白い肌の異常な夜」のレビュー一覧へ(全8件)
「白い肌の異常な夜」の作品トップへ