劇場公開日 2006年8月12日

  • 予告編を見る

紙屋悦子の青春 : 関連ニュース

戦後70年特別企画 岩波ホールで黒木和雄監督の「戦争レクイエム」4作品を上映

戦後70年特別企画 岩波ホールで黒木和雄監督の「戦争レクイエム」4作品を上映

東京・神保町の岩波ホールで8月1日から21日まで、戦後70年特別企画として、黒木和雄監督の「TOMORROW明日」(1988)、「美しい夏キリシマ」(2002)、「父と暮せば」(04)、「紙屋悦子の青春」(06)の4作品が上映されることが決... 続きを読む

2015年7月5日
黒木和雄監督の遺志を引き継ぎ「火垂るの墓」完成

黒木和雄監督の遺志を引き継ぎ「火垂るの墓」完成

戦時中の幼い兄妹の姿を描き、直木賞を受賞した野坂昭如の同名小説を実写映画化した「火垂るの墓」が完成。6月16日、東京・丸の内の東商ホールにて、完成披露試写会が行われ、主演の吉武怜朗、畠山彩奈、松田聖子、松坂慶子、日向寺太郎監督が舞台挨拶に登... 続きを読む

2008年6月17日
黒木和雄監督が遺した想い「紙屋悦子の青春」

黒木和雄監督が遺した想い「紙屋悦子の青春」

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました今年4月12日に急逝した「父と暮らせば」の巨匠・黒木和雄監督の遺作となった「紙屋悦子の青春」。7月12日、文京シビックセンターにて記者会見が行われ、主演の原... 続きを読む

2006年7月14日

「父と暮せば」「竜馬暗殺」の黒木和雄監督死去

映画「美しい夏キリシマ」や「竜馬暗殺」などの代表作で知られる黒木和雄監督が、4月12日、脳梗塞で都内病院にて亡くなった。75歳だった。宮崎県出身の黒木監督は同志社大学卒業後、54年に岩波映画に入社し、横須賀の火力発電所の建設を扱った「海壁」... 続きを読む

2006年4月18日
「紙屋悦子の青春」の作品トップへ