「でもその名言が割と良かったので、この物語は本で読むことをおすすめします。」アイデン&ティティ うえあおいさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「アイデン&ティティ」 > レビュー > うえあおいさんのレビュー
メニュー

アイデン&ティティ

劇場公開日 2003年12月20日
全5件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

でもその名言が割と良かったので、この物語は本で読むことをおすすめします。

ロックとはなんぞやって答えを見つけ出すために奮闘してる主人公。
だからって自暴自棄になりすぎ。そんなだめな主人公を心底愛してる彼女もなかなか理解し難かった。
なにより、心のセリフで補足をしすぎ。
麻生久美子のセリフもいちいち名言です!って感じがした。。
でもその名言が割と良かったので、
この物語は本で読むことをおすすめします。
映像で見たらむず痒い。

いいなって思ったコトバたち
「息の仕方を知ってるなんて奇跡だぜ」
「人は自分の属さないところへ行ってはいけない
 道の向こうの家を天国と間違えるな」
「自分を押し付けられない人はもっとばか」
「愛しかない
 それが世界を動かしている
 それなしでは何もできない
 だからすべての愛を与えてくれる人がいたら
 心して受け取り
 逃してはいけない」
「わたしたち、いちゃいちゃする時期は過ぎて、
 いなければいけない存在になる」

うえあおい
さん / 2016年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi