アイデン&ティティのレビュー・感想・評価

アイデン&ティティ

劇場公開日 2003年12月20日
5件を表示 映画レビューを書く

でもその名言が割と良かったので、この物語は本で読むことをおすすめします。

ロックとはなんぞやって答えを見つけ出すために奮闘してる主人公。
だからって自暴自棄になりすぎ。そんなだめな主人公を心底愛してる彼女もなかなか理解し難かった。
なにより、心のセリフで補足をしすぎ。
麻生久美子のセリフもいちいち名言です!って感じがした。。
でもその名言が割と良かったので、
この物語は本で読むことをおすすめします。
映像で見たらむず痒い。

いいなって思ったコトバたち
「息の仕方を知ってるなんて奇跡だぜ」
「人は自分の属さないところへ行ってはいけない
 道の向こうの家を天国と間違えるな」
「自分を押し付けられない人はもっとばか」
「愛しかない
 それが世界を動かしている
 それなしでは何もできない
 だからすべての愛を与えてくれる人がいたら
 心して受け取り
 逃してはいけない」
「わたしたち、いちゃいちゃする時期は過ぎて、
 いなければいけない存在になる」

うえあおい
うえあおいさん / 2016年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロックを単なるブームとして扱ったバカどもに捧げる

理想のロックとは違う形で売れてしまった一発屋のバンドのフロントマンが突然現れたボブディランに煽られながら本当のロックを求めて苦悩する作品。

主演を演じるは俳優兼バンドマン兼キチ○イとマルチな活躍を見せる銀杏BOYZ/GOING STEADYの峯田和伸。
そのお相手に驚くほどの大根演技を魅せつける当時25歳の麻生久美子(好きだからそんなの気にしない笑)

バンドブームに乗ってリリースした曲がプチヒットし、メジャーデビューしたもののそれ以降曲が全く出てこない。
これはとてもツライ。あまり好きじゃない曲をやらなければお客が来てくれない。Radioheadがcreepで悩んでいたのもこんな感じだったんだろうか笑。
しかもそれを後ろからディランが見ている笑。音楽以外のことに関してもお前それホントにロックか?的な勢いでハーモニカを引き狂うディランがとてもシュール。鼻だけでディランっぽさを出せるのはすごい笑。

麻生久美子の
私とあなたはずっとイチャイチャしている時期を過ぎて、いなきゃ絶対に困る、親友より上の関係になれたと思う。それを君が結婚というなら、私も同じ気持ちだよ。
ってセリフが死ぬほどいい。というか麻生久美子のセリフが全体的にいい。というか最初大根やんと思ったけどこのセリフをあんな淡々と語る方が逆にいい。
つくづく麻生久美子好きだなと感じる作品。

オレ
オレさん / 2016年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロックとは

話題になってたアイデン&ティティー

その頃は峯田のことも知らずに、みうらじゅん原作ということも知らなかった。
DVDを借りる優先順位は低かった。

それから大分経ち、一緒に働いた高円寺に住んでる女の子に勧められて見てみた。

いまでは、心の友である。

ロックってなんだ?

この映画はロックはこうであるとは言ってないけど、映画の中で模索する、その峯田の姿がロックかもしれない。

スピードウェイのメンバー、みうらじゅんさま、クドカン、みんなロック。あと、DVDにはボーナストラックも入っているんのだけれど、スピードウェイのライブで舞台に上がって、いやいやと優しい顔でいたのに、急に歌い出すトモロヲ監督を見て、ロックだな〜と思った。

穏やかに笑っていても、心はいつもロックでありたいです。

まるcox
まるcoxさん / 2015年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生を変える映画

この映画を見て、ボブディランを再認識し、彼の歌詞の凄さにはまりました!

それからというもの、全アルバムを買い揃え、来日公演も行きました!

あと、銀杏もこれで興味を持って、今はすっかりファンです!

この映画をみると、アフロにしたくなり、麻生久美子を見て、ぽわ〜んとなり、誰かとセックスもしたくなり、わけもわからず熱唱したくなる、すぐに中島くんになりきってしまいます。

俺の中では青春映画の金字塔作品!

albart
albartさん / 2014年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そもそも何がサクセスなのか

ロックの神様が、貧乏ミュージシャンの僕の部屋にやってきた、ボブ・ディランの姿で…。
みうらじゅんのコミック原作、田口トモロヲ初監督・2003年作品です。

ロック青年・中島とバンド仲間の、えらく現実的な青春に、超現実的なロックの神様が普通に存在する、なんか不思議な話です。
中島の彼女も不思議な存在。形而上的観念的彼女って感じですが、麻生久美子が演じると、ちゃんと実体化してました、スゴい。

都会に出たり戻ってきたりしながら音楽を続ける知人を、つい重ねて見ていました。サクセスは勝ち取りたい、でも、そもそも何がサクセスか。

主演の峯田和伸、生々しさが良いです。歌うとまた、ちょっとクラクラっときます、さすがミュージシャン。
バンドメンバーを始め、キャスティングに隅々まで凝ってて楽しかったです。

グッドラック
グッドラックさん / 2012年7月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi