「孤独な魂に捧ぐ」初恋 とみいじょんさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「初恋」 > レビュー > とみいじょんさんのレビュー
メニュー

初恋

劇場公開日 2006年6月10日
全11件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

孤独な魂に捧ぐ

三億円事件の犯人が少女というのはかなり無理がありますが、映画の題材としては心打たれました。

途中は、2時間サスペンスの見過ぎで、いつ裏切られるんだろうなんてハラハラしながら観ていましたが…。

母親との再会場面に言葉を飲みこみ、続くクライマックスに感涙、ボロボロ。こんな心の繋がり持てたら幸せなんじゃないかな、なんで思ってしまいました。

若者がうっ屈しながらも、非生産的行為ばかりであったにしろ、まだもがきながら何かをしていた時代なんでしょうか。
 この孤独感、閉塞感、空虚感、今の若者にも通じるんじゃないでしょうか。自分が何者なのか、見つけられない感じ。

宮崎さんの演技はさすがです。
 みすずが犯罪に加担した経緯と、その後の切なさがリアルに伝わってくる。
 舞台で、一人で語らせても、みすずの物語は完成してしまうのではないかと思う演技力。

反対に言えば、ジャズ喫茶の面々も、岸もいなくても成立してしまうような存在感。
 ロケハン等の背景・舞台設定にはかなり凝ったと聞いておりますが、”あの時代だからあの犯罪”というリアルさ、みすず以外の犯人の必然性が伝わってきません。
 (みすずの必然性は描かれているのですが)

原作未読。さぞかし内容は濃いものなのでしょう。それをまんべんなく映画にしようとして、すべてが上滑りになってしまった感じです。勿体ないです。

みすずの切なさは、ぜひ映画で堪能していただきたいですが、
映画は暗く、みすず以外の面々は頭でっかちで見苦しい。
 ”あの”時代を懐かしむ方と興味がある方はご覧下さい。

とみいじょん
さん / 2019年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報