「孤独な少女の初恋の物語」初恋 光陽さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「初恋」 > レビュー > 光陽さんのレビュー
メニュー

初恋

劇場公開日 2006年6月10日
全11件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

孤独な少女の初恋の物語

切ない。
切なくて胸が締め付けられる。
あくまでもベースはひとりの孤独な少女の初恋を描いた物語ですが、そこに3億円事件が絡み終始飽きさせない作品となっていました。
宮崎あおいさんをはじめてとして俳優人の演技も素晴らしくストーリーの切なさが引き出されています。
3億円事件の実行犯が女子高生という大胆な設定の脚本ですが、背景がよく練られているので無理なく鑑賞できました。

光陽
さん / 2018年12月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報