初恋(2006)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
初恋(2006)
初恋(2006)
9%
35%
43%
12%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1968年、東京・府中で実際に起こった「3億円事件」の犯人が18歳の女子高生だったらという大胆な仮定をもとに、その女子高生の初恋の思い出を描いた宮崎あおい主演の青春ドラマ。監督は、林海象などの助監督を務めた後に「tokyo skin」(96)を発表し、それ以来の長編となる塙幸成。共演に小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈、藤村俊二ら。

2006年製作/114分/日本
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2006ギャガ・コミュニケーションズ

映画レビュー

2.5よくは理解が及ばない

2021年2月1日
Androidアプリから投稿

三億円犯人首謀の岸の目的は現政府の転覆だったのか。
金が目的じゃなかったのね。

宮崎あおいにとっては、結実することのない、初恋だった。

寂しい。

あまり、この事象をどうとらえていいのか、わからない。

この映画のテーマって何?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
れいすけ

2.5さんおくえんじけん

asicaさん
2020年9月8日
iPhoneアプリから投稿

三億円事件は、いまだ解決していない現金強奪事件だが、たった数分で鮮やかに当時では気の遠くなるような金額の現金を誰一人傷つける事なく奪ったという事で、そのエピソードがモチーフになった作品は 腐るほどある。

この映画自体が14年も前のもので、
時代設定はもちろん三億円事件の1968年。

あの時 私は小学生で、担任教師は小さな子供相手に嬉々としてこの事件を話した。
あの先生は今どうしているんだろう。

地方も地方 九州の田舎の出身なので
この頃の東京なんて 月と大して変わりないくらいの隔たりを感じていた。
たぶん日本中で団塊の世代が青春を謳歌していた時代だと思う。

今よりずっといろんな事に寛容である意味自由で
それでももっと社会の目は厳しく、生きにくい世界。

新宿もまだまだ開発はされておらず、今の西新宿の未来感は想像もつかない時代。

(こうやって今開発中の渋谷が小綺麗に生まれ変わる時、私はそれを目にする事はできるんだろうか)

映画の話をすると

宮崎あおいが 自転車に乗った事もないのにバイクを一発で暴走できちゃうのが 強烈な違和感。
無理です。
まず自転車の練習してから来い!と。

街並みや自転車屋の再現度は、この2006年なら出来ても今ならもっと数倍のお金がかかった事だろう。この十数年で東京はさらにどんどん変化したから。

私が東京に来てから37年になる。
あの頃はまだ いろんな物が残っていたし
役所には、人の心を持ったおじさんも居た。

今はそのどちらもなく ただただ間違ってなければいい
責任を押し付けられなければいい
そう言う大人だけが、どこにもかしこにも居る。
あーーー

映画の話にならない。

オートマチックではないクラッチ繋ぐ車の運転もすんなりこなす宮崎あおいの横顔が
ただ可愛いくて 違和感。

三億円事件というモチーフに
私はとっくに飽きていた事がわかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
asica

1.5『大人になんかなりたくない』

2019年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いぱねま

2.5孤独な魂に捧ぐ

2019年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

三億円事件の犯人が少女というのはかなり無理がありますが、映画の題材としては心打たれました。

途中は、2時間サスペンスの見過ぎで、いつ裏切られるんだろうなんてハラハラしながら観ていましたが…。

母親との再会場面に言葉を飲みこみ、続くクライマックスに感涙、ボロボロ。こんな心の繋がり持てたら幸せなんじゃないかな、なんで思ってしまいました。

若者がうっ屈しながらも、非生産的行為ばかりであったにしろ、まだもがきながら何かをしていた時代なんでしょうか。
 この孤独感、閉塞感、空虚感、今の若者にも通じるんじゃないでしょうか。自分が何者なのか、見つけられない感じ。

宮崎さんの演技はさすがです。
 みすずが犯罪に加担した経緯と、その後の切なさがリアルに伝わってくる。
 舞台で、一人で語らせても、みすずの物語は完成してしまうのではないかと思う演技力。

反対に言えば、ジャズ喫茶の面々も、岸もいなくても成立してしまうような存在感。
 ロケハン等の背景・舞台設定にはかなり凝ったと聞いておりますが、”あの時代だからあの犯罪”というリアルさ、みすず以外の犯人の必然性が伝わってきません。
 (みすずの必然性は描かれているのですが)

原作未読。さぞかし内容は濃いものなのでしょう。それをまんべんなく映画にしようとして、すべてが上滑りになってしまった感じです。勿体ないです。

みすずの切なさは、ぜひ映画で堪能していただきたいですが、
映画は暗く、みすず以外の面々は頭でっかちで見苦しい。
 ”あの”時代を懐かしむ方と興味がある方はご覧下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「初恋(2006)」以外にこんな作品をCheck-inしています。