「全てが出しきれていない」敬愛なるベートーヴェン keitaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

敬愛なるベートーヴェン

劇場公開日 2006年12月9日
全7件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

全てが出しきれていない

誰もが知っているベートーベンの知られざる内面が知れるとてもお勉強になる作品。
音楽家に焦点を当てた作品だけに音楽を使った心情描写など演出の仕方が巧みだ。
その演出に導かれて高揚感、緊張感が最大に達したところで映し出されるのは有名過ぎる名曲の初演シーンだ。
また、この作品はアンナの音楽家としての成長のドラマでもあると思う。
音楽家としての自分を見つけベートーベンからの解放を意味するようなラストシーンは芸術的で素晴らしかった。
それ故に、このストーリーにとって115分は狭苦しそうだったのが残念でならない。

keita
さん / 2012年1月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi