敬愛なるベートーヴェン
ホーム > 作品情報 > 映画「敬愛なるベートーヴェン」
メニュー

敬愛なるベートーヴェン

劇場公開日

解説

「秘密の花園」「太陽と月に背いて」などで知られるポーランド出身の女流監督アニエスカ・ホランドが、天才作曲家ベートーべンの苦悩と愛を描いた歴史ドラマ。1824年のウィーン。“第九”の初演を4日後に控えたベートーべンのもとに、若い女性のコピスト(写譜師:作曲家が書いた楽譜を清書する職業)、アンナがやってくる。期待に反して女性がやってきたことに怒るベートーべンだったが、彼女の中に才能を見出し、次第にかけがえのない存在になっていく……。

作品データ

原題 Copying Beethoven
製作年 2006年
製作国 イギリス・ドイツ・ハンガリー合作
配給 東北新社
上映時間 104分

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

偉大な楽聖の心の奥底、そして創作の神髄に迫った力作
敬愛なるベートーヴェンの映画評論・批評

ベートーべン晩年の大作「第九」完成の裏には、ひとりの若い女性の尽力があった……。そんな創作秘話の形をとったこの映画は、その設定自体がフィクションであり、伝記ドラマとしても決してオーソドックスな作りにはなっていない。ところが、これが実に...敬愛なるベートーヴェンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全7件)
  • 昼メロ感覚な映画 第9の演奏を観、聴けたのは良かったです。壮大でした。 そんな演奏の中、ベ―ト―ベンと弟子!?の女性の指揮のやり取り。 なんですか、昼メロみたいでした。ちょっとキモい。 その後も、ベ―ト―ベンのお... ...続きを読む

    まゆみ3 まゆみ3さん  2018年8月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 非情に面白い映画。 ネタバレ! エド・ハリスの天才音楽家っぷりが本当に素晴らしかった。 更に、次第に尊敬の念を高めていくダイアン・クルーガーとの師弟関係も魅力的でした。 全体的に解りやすく丁寧に作られていて、スラスラッと進んで... ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年4月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 前半なかなか良かったのに・・・な映画 ネタバレ! 前半の第九初演の盛り上がりは素晴らしい。 ダイアン・クルーガーは相変わらずキレイだし エド・ハリスの役者っぷりもさすが!!! ・・・なのに、後半はどうしちゃったの??? ...続きを読む

    tsutaya100yen tsutaya100yenさん  2015年12月14日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「敬愛なるベートーヴェン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi