「悲しみの纏わりついた濡れ場が切ない」チョコレート しげぴいさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「チョコレート」 > レビュー > しげぴいさんのレビュー
メニュー

チョコレート

劇場公開日 2002年7月20日
全8件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

悲しみの纏わりついた濡れ場が切ない

親より子供が先に逝く
こんな悲しく不幸なことはない。
わだかまりを抱えたままなら
その遣り場のなさたるや
どんなにか心を締めつけられることか。

そんな境遇を共有した男と女は
因縁で結びついていることも知らず
互いの大きな空虚を埋めるように
出会い求め合い
そして愛を感じ始めていく。

ふたりの行く末に
想いを馳せざるを得ない
ラストシーンが
心にささくれを残す。

見上げるカシオペアが
滲まぬ日々の続くことを祈る。

しげぴい
さん / 2018年12月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報