劇場公開日 2006年3月4日

「四人四様」ブロークバック・マウンテン Kjさんの映画レビュー(感想・評価)

3.958
32%
48%
18%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0四人四様

Kjさん
2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿

居場所なく育った者が辿り着いた平安が社会的には場所が用意されていない。その苦悩を携えるヒースレジャー、訛ったボソボソ感や刹那に彼が暴力に走る姿が痛々しい。
冒頭のジェイクギレンホールはヒースより男らしいが、それが一年経て山に帰ってきた時に一変。同じく可愛い花嫁、ミシェルウィリアムの変貌ぶりも目を引く。内面の不安が滲み出る表情。こちらも素晴らしい。
過去の禁じられた逢瀬に引きづられて人生を過ごす者の話は多く、それを同性愛に当てはめている。受け入れることのままならなさ、秘めて心に住まわせる。
羊の群れや大自然の風景の中でこの話が綺麗に縁取りされる。対照的なラストカットのトレーラーハウスから窓で切り取られた外の風景が美しく心に残る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj
「ブロークバック・マウンテン」のレビューを書く 「ブロークバック・マウンテン」のレビュー一覧へ(全58件)
「ブロークバック・マウンテン」の作品トップへ