劇場公開日 2003年1月25日

「もう1人の世界的JB」ボーン・アイデンティティー オレさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0もう1人の世界的JB

オレさん
2016年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

難しい

記憶を失った謎の男が自分の正体を知るために
奔走する一方で謎の殺し屋たちに命を狙われる様子を描いた世界的スパイ映画の第1作。

オーシャンズ11でまだまだ未熟な弟分的なポジションで活躍していたマットデイモンが眉間にしわ寄せ、バッタバッタと敵を倒していく。
マットデイモンがこんなにアクション出来るとは思ってなかっためっちゃ早くてキレがある。
そしてこれでもかとくらい悩む。記憶を失い、ほぼ孤立無援。そのくせ次々と襲いかかる刺客との戦いに追われ、相当深い闇を抱える。

当時の時代がわからないから詳しくはないけどやはりスパイ映画でこの重さ暗さ、サスペンス色の強さは異色だったんだろうか。
のちのダニエル007にも通じる緊迫感を感じた。
そういう意味ではスパイ映画としては重要な立ち位置的作品なんではないかなと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ
「ボーン・アイデンティティー」のレビューを書く 「ボーン・アイデンティティー」のレビュー一覧へ(全76件)
「ボーン・アイデンティティー」の作品トップへ