スーパーマン リターンズ 特集: 「スーパーマン」と「バットマン」のややこしい関係

ホーム > 作品情報 > 映画「スーパーマン リターンズ」 > 特集 > 「スーパーマン」と「バットマン」のややこしい関係
メニュー

スーパーマン リターンズ

劇場公開日 2006年8月19日
2006年8月18日更新

約20年ぶりのシリーズ復活となった「スーパーマン・リターンズ」。「スパイダーマン」の大ヒットより遥か以前、すでにスタートしていた企画だが、その実現に至る道には様々なドラマがあった!? 今回の特集では、「スーパーマン」復活にいたる道のりと「バットマン」の意外な関係をまとめたほか、ブライアン・シンガー監督のインタビューもお届けする。(文・構成:編集部)

「スーパーマン」と「バットマン」のややこしい関係

画像1

新たな「スーパーマン」映画の舞台裏には、「バットマン・ビギンズ」と「X-MEN」に飛び火し、さらに米ワーナーのお家騒動を巻き込んだ紆余曲折があった。そのあれこれを分かりやすく表にまとめたのがこちら。色の付いている部分が、エポックメイキング的な出来事だ。

かねてから企画されていた「スーパーマン」映画の実現に拍車をかけたのは、ソニーがマーベル・コミックスのヒーローを映画化した「スパイダーマン」の予想以上の全米大ヒット。これを見たワーナーの製作陣が、自社が映画化権を持つDCコミックスの2大ヒーロー=スーパーマンとバットマンの新たな映画化に熱くならないわけがない。そこでさまざまなドラマが繰り広げられていく。

それにしても、「X-MEN」を監督するはずだったブライアン・シンガー監督が「スーパーマン・リターンズ」を撮り、「スーパーマン・リターンズ」の監督候補だったブレット・ラトナー監督が「X-MEN」シリーズ最新作を監督することになるというのは、映画に負けないドラマチックな展開。また、もしも「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキーが「バットマン」を撮っていたら? ブラッド・ピットが「トロイ」に出演しなかったら? と、妄想は膨らむ。DCコミックの2大ヒーロー映画の製作舞台裏は、映画以上におもしろい。

関連コンテンツ

インタビュー

ブライアン・シンガー監督インタビュー
インタビュー

「X-MEN」シリーズを成功させたブライアン・シンガー監督が、「X-MEN」最新作を蹴って監督した「スーパーマン・リターンズ」。もともと「スーパーマン」の大ファンだったというシンガー監督がプロモーションのために来日し、本作にこめたこだ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“風の感触”を肌に感じるようなエロティックさがたまらない
映画評論

ブライアン・シンガー監督は相当なスーパーマン狂らしい。例の、星空を文字がビュンビュンすっ飛んでいくアバンタイトルを用意し、ワクワク感を一気に盛り上げるのだ(ジョン・ウィリアムス作曲のあのマーチだ)。父役だったマーロン・ブランドの声で“...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す