恋人たちの食卓のレビュー・感想・評価

メニュー

恋人たちの食卓

劇場公開日 1995年7月1日
2件を表示 映画レビューを書く

家族とそれぞれの恋の話

子供の成長、巣立ち、恋愛、老化、死、色々なテーマが語られます。家族それぞれにフォーカスがあたり、少しオムニバスっぽいのですが、豪華な本格的中華料理が数々登場し、上手く間を繋ぎます。見事な中華料理をつくる描写も一見の価値がありますが、家族それぞれのストーリーも大変面白かったです。クリスチャンの次女や、恋愛感などが、台湾らしく(中国とは異なる)、古い映画なのに現代の私たちが見ても違和感がないと思います。

モロッコガール
モロッコガールさん / 2018年5月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飲んで、食べて、恋をして。

一流の廚師(シェフ)である父とその三姉妹。毎週日曜日夕食を囲む、という約束事があり。
その夕食の席の都度、誰かが何かしらを告白し、物語が転がっていく。

過去の傷から抜け出せない、化学教師の長女。仕事に恋に、キャリアを重ねる次女。ウェンディーズでバイトする、女子大生の三女。
三姉妹がそれぞれに愛らしく、話が進むにつれ活きてくる、その設定が素晴らしい。

人間の根源的な欲求たる食事、そして、恋を、軽やかに描いた極上のエンターテイメント。
'そうきたかー⁉︎'、と何度も膝を打ちました。
(昔観た筈なのに…)

見終えたら、恋したくなるし、何より、中華が食べたくなります。繰り出される料理の数々、刺激されること請け合いです。

Nori
Noriさん / 2014年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報