「邦スポ根最高峰」ピンポン オレさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ピンポン」 > レビュー > オレさんのレビュー
メニュー

ピンポン

劇場公開日 2002年7月20日
全44件中、14件目を表示
  •  
映画レビューを書く

邦スポ根最高峰

高校卓球を舞台に幼馴染の2人、ペコとスマイルの友情を描いた邦画のスポ根映画の最高峰。

主演に当時人気絶頂であったろう窪塚洋介、その相棒に井浦新。さらに脇を固める大倉孝二、中村獅童、夏木マリ、安定の荒川良々に奇才竹中直人。素晴らしい演技派を揃えた上に脚本がクドカン、劇伴がSUPERCARと個人的日本の良いところが詰まった作品!笑

原作ほぼ未読ながら松本大洋の癖の強い絵柄は印象が残っていて、まず驚くのがこの癖の強い原作を実写にしたのに違和感がほぼ無いこと。
昨今、原作レイプと称される実写映画が多いがこの作品は大当たりといっていいほど全役者が全キャラクターにぴったりハマっている(原作知らない人間がいうのもおかしいが笑)

窪塚洋介のあの奔放な振る舞いや喋り方はペコにピッタリだし、井浦新は鼻歌すら違和感なく演技としてこなしている。
さらにその2人をそれぞれ指導するオババこと夏木マリとバタフライジョーこと竹中直人らベテラン勢の演技も素晴らしい。
特に夏木マリは夏木マリにしかできないような、普通の女優がやったら臭すぎて観ていられないような笑、味のある演技をこれでもかと披露する。
竹中直人はいつも通り竹中直人なのだが、その中でもスマイルを懸命に指導しようとする不器用な姿がどこか可愛らしくもありハマっていた。まさに愛しいオバさんとおっさん指導者たち笑。

敵役も魅力的だ。
2人の共通の幼馴染、佐久間ことアクマ。
卓球歴はペコと同じ程度でスマイルよりも長く、より高みを目指して名門海王学園に入学。初年度の地区予選にてペコに圧勝するもスマイルの才能に嫉妬、憧れの先輩風間からはまったく認めてもらえず、卓球の道を諦めてしまう。
しかしやさぐれたペコの背中を後押しするくっさいくっさいセリフが最高にカッコ良く見える美味しいキャラクター。こちらも大倉孝二にとってのハマリ役だった。

さらには辻堂学園にやってきた中国からの留学生、孔ことチャイナ。スマイルの才能に破れかけ、対風間戦では圧倒的な差を見せ付けられる始末。決して弱くはないのに最初ペコを圧倒する以外に見せ場がない笑。
しかし1年後のペコ戦でのラストのセリフ。
「風間によろしく」が最高に潔くカッコいい!
咬ませ犬としか言いようがないがあえていうなら最高の咬ませ犬!である!笑

そして現役高校生最強のスキンヘッド、ドラゴンこと風間。海王学園の主将として2年連続のインターハイ優勝を牽引する張本人。
常勝のプレッシャーに押しつぶされそうになり、試合前はトイレに篭ったりと繊細な部分を見せもするが、いざ試合となれば狂人のような笑みと身体能力と圧力で相手を圧倒。
たった一つしか変わらないペコに対して小僧っ!!!!と罵る姿や笑止!!!などおよそ高校生らしくないどころか現代人らしくもない発言が似合いすぎるハゲを中村獅童が熱演。
ネタ要素満載だが純粋に強く、作中のラスボス的人物して君臨する。

とにかく窪塚洋介の奔放な演技が最高の作品。IWGPの窪塚キング好きな人には絶対に観てもらいたい作品。

2014年09月30日(火)1回目
2015年12月30日(火)2回目
2017年05月20日(土)3回目@目黒シネマ窪塚洋介特集

オレ
さん / 2017年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報