オーシャンズ11 インタビュー: スティーブン・ソダーバーグ監督インタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「オーシャンズ11」 > インタビュー > スティーブン・ソダーバーグ監督インタビュー(2)
メニュー

オーシャンズ11

劇場公開日 2002年2月2日
2002年1月18日更新

アカデミー賞監督の実感? とても奇妙な気分さ

小西未来

画像1

――この映画が実現したのは、あなたとパートナー関係にあるジョージ・クルーニーの存在があったからだと思うのですが、どうしてそこまで仲がいいんですか?

「ぼくらの趣味がとても似てるってことなんだろうね。ビジネスに対する考え方もとても似ていて。彼のことをとても尊敬しているし、とにかく波長が合うんだよ。数年前、彼がプロダクション会社を作ろうとしていて、パートナーを探していたんだ。で、一緒にやらないかって誘ってくれて。ぼくの方は、自分たちが心底やりたいと思うような作品しかやらないってことなら、ぜひやらせてよ、って答えたんだよ」

――クルーニーって、俳優としてもいまどきの俳優にない魅力を持ってますよね。

「その通り。とてもユニークな存在で、ほかに同じタイプの俳優がいないから、ハリウッドで特異な立場にいるよね。少年っぽさは一切なくて、まさに大人の男って感じで、他の映画スターとなると、彼よりずっと若いか、ずっと年をとっているかだから。40歳の彼だけが、ぽつんと存在していて」

――クルーニーはついに「Confessions of A Dangerous Mind」で監督デビューを果たしますが、先輩としてなにかアドバイスをしているんですか?

「ぼくが彼に言ったのは、監督として悩むべきことと、悩むべきじゃないことの区別の付け方だね。監督って、すべてをコントロールしようとして、あらゆる悩み事を抱え込んでしまうものなんだけど、全部こなすのは絶対に不可能なんだ。そんなことをしようとしたら、一日だってこなすことができない。だから、なにが一番重要かを見極め、それ以外の要素については悩まないようにすべきなんだ。映画製作におけるすべての要素を完全に把握するなんて、絶対に不可能だからね」

――去年のアカデミー賞を受賞されたとき、そうとう驚かれていましたが、いまではアカデミー賞監督としての実感はありますか?

画像2

「いや、すべてはパラレルワールドで起きた出来事のように思えるんだ。いまだにうまく飲み込むことができなくて。あれが現実に起きたことだって頭ではわかってるつもりだけど、なんだかとてもとても奇妙な気分で。ぼくが素直に喜べないもう1つの理由は、あのとき父親がいなかったからなんだ。ぼくは大学教授をしてた父の影響で映画に興味を持つようになったんだけど、『アウト・オブ・サイト』を完成させる前に他界してしまっていて。言ってみれば、ぼくは、ホームランを打った瞬間を見せることができなかったんだ。もし父が見ていてくれたら、きっと喜んでくれたと思うんだ。どれだけ喜んだか、想像もできないぐらいだよ。だから、なんとも切ない気持ちになってしまうんだよね」

――アカデミー賞受賞も含め、ここ1、2年で、あなたはこれ以上ないほど恵まれた立場になりました。こういう状況をどうとらえてますか?

「別に自分のものの見方に変化はないな。こういうものって、すぐに変わるものだから。つねにアップダウンがあるもので、またダウンの時期がきっとくるだろうし。いま作っている映画(ジュリア・ロバーツ出演の「Full Frontal」)や、来年の春に撮影開始する映画(「惑星ソラリス」のリメイク)なんて、誰も見たいと思わないかもしれないし。なにしろ、ぼくは、誰も見たがらない映画を、5本連続で撮った過去のある男だし(笑)」

――(笑)

「でも、当時は、そういう映画を作る必要を感じていたわけだし、そのことを後悔なんてしてないよ。だから、これからベストの仕事を続けていくこと以外は考えてないな」

(C) 2001 Warner Bros. All rights reserved.

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

単なるスタア競演以上のものを期待してしまう、が…
映画評論

まず本作のオリジナル。「オーシャンと11人の仲間」は当時、ショウビズ界の頂点にあったフランク・シナトラのダチ集団(シナトラ・クラン)の個性と持ち芸を中心にすべてが構成された顔見せ映画だった。だから今の目で観ると、洒落たビジュアルは愉し...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

オーシャンズ11[UMD Video] オーシャンズ11[Blu-ray/ブルーレイ] オーシャンズ11 特別版[DVD] オーシャンズ11[Blu-ray/ブルーレイ]
オーシャンズ11[UMD Video] オーシャンズ11[Blu-ray/ブルーレイ] オーシャンズ11 特別版[DVD] オーシャンズ11[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2006年8月4日 最安価格: ¥826 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥1,490 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥1,000 発売日:2008年6月11日 最安価格: ¥4,108
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全63件)
  • ライトな泥棒映画 暇潰しにはちょうどいい。 8に備えて観てみた。 ...続きを読む

    ずん ずんさん  2018年6月17日 15:13  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • クールな泥棒映画 8に備えて久しぶりに鑑賞。 11人の個性豊かな泥棒達がラスベガスのカジノから大金を盗み出そうとするお話。 ストーリーも分かりやすくテンポ良く進むのでとても観やすい映画だと思う。 出演する俳... ...続きを読む

    やまだたろう やまだたろうさん  2018年6月11日 10:03  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 出演者豪華故に。。。 普通に見れるけど、ありきたり。チームは半数でいい。 ...続きを読む

    Ryuta Ryutaさん  2018年6月10日 19:42  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 猫は抱くもの いつも通りじゃつまらない! 犬童監督&沢尻エリカ、“本気で遊んだ”映画作りを回想
  • インタビュー 空飛ぶタイヤ 長瀬智也×ディーン・フジオカ「空飛ぶタイヤ」に込めた揺るがぬ信念
  • インタビュー Vision 永瀬正敏がジュリエット・ビノシュとの共演の感想に「難しい」と答えた理由
インタビューの一覧を見る
Jobnavi