「アカデミーの?脚本賞ノミネート?」マッチポイント えびかに伯爵さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「マッチポイント」 > レビュー > えびかに伯爵さんのレビュー
メニュー

マッチポイント

劇場公開日 2005年8月19日
全28件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アカデミーの?脚本賞ノミネート?

何で?どうして?と思ったら、監督がウッディアレンだった。
それ聞いて、全てに合点がいった。

本作は?
官能的であるように見せつつ。
変態で独善的で身勝手な男の映画だ。

まさに、ウッディアレン作品であり、俺の共感数多な訳だ(*自分の嫌なトコロを、まざまざと見せつけられる感じ!)。

見た後の清々しい度】☆ゼロ
スカヨハの前だと、男はただの下僕よね?度】☆⑤

見ろ!そして辟易とするのだ!

書籍。
森瑤子さん香水物語より→ミル/鎌田敏夫さん→世界で一番ロマンチックな海、と?
昔の映画。
太陽がいっぱい、を何故か?思い出した。。。

人生で一度で良い、否!たった十分で良い!
スカヨハを抱く事が出来たなら、俺は死んでも良い(笑)

えびかに伯爵
さん / 2019年2月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報