リバティーンのレビュー・感想・評価

メニュー

リバティーン

劇場公開日 2006年4月8日
4件を表示 映画レビューを書く

ジョニーデップの演技にはびっくりした

ジョニーデップはすごい色気があり妖艶
でも終盤の方はあんな美しかった男性があんなボロボロに、ジョニーデップは本当演技力があるんだなと思った。

明日香
明日香さん / 2014年9月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最後まで自分らしく生きた男の物語

17世紀の英国で国王に寵愛された詩人ロチェスター伯爵の生涯を描いた作品。
ロチェスターは自由奔放な放蕩者。時には国王を怒らせ、時には国王の政策を後押しもする。そんな彼を愛する者もいれば嫌悪するものもいる。
映画は、「私を好きにはなるまい」と問いかけとも断言ともとれる語りで始まり、「さぁ、私を好きになったかね?」で閉じる。
人の意を介さず思いのまま生きたロチェスターを、鼻がもげるほどの怪演でみせたジョニー・デップは、やはりただの海賊や工場経営者ではなかった。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2010年4月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

はじめて、男性をセクシーだと思った!

ジョニーデップの演技に見とれてしまいました。美しい男性から病気でボロボロになってゆく姿がさすが役者とおもいますよ。

mamahaha
mamahahaさん / 2009年11月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジョニー・デップの名演が光る

霧の立ち込める曇り空にドロドロの地面。
舞台となる中世のロンドンは王政復古の中、政治に宗教的な力も影響していた時代。

表面を取り繕ったような堅苦しい貴族社会の中に身を置きながら、
人々の目には人間の本質的な欲望のままに人生を楽しんでいるように映る主人公。

でもそれは社会へのシニカルな体現で、本人は満たされぬ深い思いを抱えたまま
いつしか身を滅ぼすまでに落ちていく…。

暗く哲学的な内容な上に卑猥な表現が満載なので、そこで引いてしまう人は無理かもしれません。
特に最近のジョニー・デップのファンの人が「パイレーツ~」や「チャーリー~」のイメージで観てしまうと
とんでもないことになると思いますのでご注意。R指定だそうです。

冒頭の時代背景のテロップから主人公の語りへと繋がる導入部分では物語に入り込みやすく秀逸。
序盤の伏線が後半~ラストに繋がってきたり、台詞のやり取りの1つ1つにも見ごたえがあります。

人間の本質的な所を突いている印象的なセリフが多いのも好きなところですね。

「反抗は誰にでもできるし愉快なものだ。だが人間いつかは何かを肯定せねば」
「自腹を切らなければ人生は学べない」
「人を嫌う理由は無知か嫉妬だ」 …などなど

自己啓発本に出てきそうな台詞の数々には、いちいち「そうだよなぁ~」と納得してしまいました。

その他、カメラワークや音楽の使い方でも「うまいなぁ~」と感じるところがありましたし
サマンサ・モートンやジョン・マルコビッチなど魅力的なキャストも個人的にツボです。

間違いなく賛否両論ありそうですが、人間の深い部分を壮絶に描き出した傑作。
ジョニー・デップ出演作の中では最も好きな作品の1つになりました。

※他サイトより転載(投稿日:2008/03/22 )

live_at_luxor
live_at_luxorさん / 2009年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報