リバティーン : 関連ニュース

メニュー

リバティーン

劇場公開日 2006年4月8日

関連ニュース:リバティーン

ロザムンド・パイク「ナチス第三の男」で“ジョニデ以来”の斬新演出受ける!(2019年1月9日)

本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化した「ナチス第三の男」に出演するロザムンド・パイクのインタビュー映像が公開された。本作は、第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公に、彼... 続きを読む

ジョニー・デップ&ブレット・ラトナー監督、仏政治家のセックススキャンダルを映画化(2016年5月13日)

ジョニー・デップが、仏政治家ドミニク・ストロス=カーンのセックススキャンダルを題材にした新作「The Libertine(原題)」に主演することがわかった。米Wrapによれば、ブレット・ラトナーが監督を務める。2011年5月、IMF(国際通貨基金)の専務理事だったストロス=カーンは、ニューヨー... 続きを読む

B級から超一流スターまで「映画史上よく死ぬ俳優14人」(2015年5月16日)

さまざまな疑問を特集する米サイトChaChaが、「出演作で死んだ回数が最も多い俳優は誰?」という疑問に答えている。映画サイトや映画ファンのあいだで話題になることの多いこのトピック。一般的に、「よく死ぬ俳優」のイメージを持たれているのは英俳優ショーン・ビーンである(もちろん、今回のランキングにも... 続きを読む

元ボンドガールが語る、トム・クルーズの魅力とは?(2012年12月19日)

サスペンスアクション「アウトロー」で、トム・クルーズ扮する新ヒーロー、ジャック・リーチャーに協力する女弁護士を演じたロザムンド・パイクが、クルーズの“ヒーロー”ぶりについて語った。「トムはアメージングな俳優だわ」とパイクは言う。「彼はいつでも集中しているの。相手の目をきちんと見ているし、相手の... 続きを読む

「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント、新作の恋人役が決定!(2007年7月10日)

「プラダを着た悪魔」でその演技が注目されたエミリー・ブラントが、9月に全米公開される恋愛ドラマ「ジェイン・オースティンの読書会(The Jane Austen Book Club)」に続き、「ヤング・ビクトリア(The Young Victoria)」ではビクトリア女王を演じるが、このほど相手... 続きを読む

ジョニー・デップが「シン・シティ」続編に出演?(2007年3月30日)

クエンティン・タランティーノ監督と2本立て映画「グラインドハウス」を完成させたロバート・ロドリゲス監督が、「シン・シティ」の続編にジョニー・デップが登場する可能性があることを示唆した。ロドリゲス監督の「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」に出演したデップは、「シン・シティ」でベニチオ・デ... 続きを読む

6件を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報