ジャーヘッド インタビュー: サム・メンデス監督インタビュー(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「ジャーヘッド」 > インタビュー > サム・メンデス監督インタビュー(2)
メニュー

ジャーヘッド

劇場公開日 2006年2月11日
2006年2月7日更新

サム・メンデス監督インタビュー

前のページから続く

――映画の中の台詞「Every War is Different. Every War is the Same」に引っかけて言うと、この映画は今までの戦争映画とは違って「Every War Movie is Different. Every War Movie is the Same」だと思うのですが、いかがでしょうか?

「今までにない戦争映画を作ろうとしたので、その言葉は嬉しいですね。ただ、映画の中のその台詞は皮肉であり、実際の戦争は時代や場所が全て異なるので、全てが違うものだと思います。戦場にいる若者の心の動き、特に虚しくて荒んでいくところは共通だと思いますし、そのことを適格に表現した台詞です」

主人公を演じたジェイク・ギレンホール(右)とその上官役のジェイミー・フォックス(左) 主人公を演じたジェイク・ギレンホール(右)と
その上官役のジェイミー・フォックス(左)

――ジェイミー・フォックス演じる上官と主人公のスオフォードが出会う時のナレーションで、「ハーレー・ダビッドソンVSホンダ」など多くの現代的な対比する単語を散りばめ、落ち込んでいながらも客観的に自分を見つめる今どきの若者の心境を表現しているのが秀逸だと思いました。

「物事を考える若者は『善と悪』のように、いつでも何か対立したものを心に持って葛藤しているものだと思います。ジェイミー・フォックス演じる上官はテレビ局の取材のシーンでも明らかなように、軍のイメージを対外的に良く見せることができればハッピーな男ですが、スオフォードは違います。現代に生きて悩みを持った普通の若者なんです」

――戦争映画以外で本作を監督するうえで参考にした映画はありますか?

撮影現場の兵士役の若者たちと監督 撮影現場の兵士役の若者たちと監督

「私の大好きな映画で、ルイス・ブニュエル監督の『欲望のあいまいな対象』(77)を参考にしました。登場人物たちが精神的にいつもギリギリのところにいるが、どこにも辿り着かないところが象徴的でとても好きです。この映画の戦争版を作ろうと思いました」

――90年代の無気力な若者を表現する言葉である“「ジェネレーションX世代」の戦争映画”と言われることに関しては?

「今の若者もそうですが、彼らは感情的に麻痺し過ぎているんだと思います。さまざまなカルチャーや情報に囲まれて、とても暴力的なこともアクション映画を観るように眺めてしまいます」

――大変だったシーンは?

「兵士の目の視線で撮影して、マスターショットを撮らなかったので編集が大変でした。撮影そのものは暑かったので、俳優もスタッフも暑さで体力を消耗しないように注意しましたね」

ミステリアスな役どころがはまるピーター・サースガード(右) ミステリアスな役どころがはまる
ピーター・サースガード(右)

――メインキャストにジェイク・ギレンホールとピーター・サースガードを起用した理由は?

「2人とも素晴らしい俳優で、期待に十分応えてこれる演技をしてくれました。ジェイクはロンドンで上演された舞台『This is Our Youth』の演技を観て素晴らしく思い、ピーターは『ボーイズ・ドント・クライ』(99)、『ニュースの天才』(03)、『愛についてのキンゼイ・レポート』(04)を観ていたので、起用することに決めました。ピーターは自然な感じがありながら、どこかミステリアスでセクシーなんです。そして、とても頭が良いので最近の多くの映画に出演し、注目の俳優になっているのは当然だと思います。この映画でもピーターが演じるトロイを観た観客は、彼のミステリアスな部分に『彼は何者なんだろう?』と思うでしょう。従来の映画のような明快なストーリーやサスペンスがある映画ではないので、キーになるトロイを素晴らしく演じてくれたピーターには感謝しています」

――次回作の予定は?

「本作の製作が大変だったのと、子供もまだ小さいですし(ケイト・ウィンスレットとの間に生まれた子供)、1年は休む予定です」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

これまでの戦争映画とは決定的に異なる痛み
映画評論

湾岸戦争ではハイテク兵器が威力を発揮し、地上戦はわずか4日で終了した。デイビッド・ハルバースタムは「静かなる戦争」のなかで、「国民の大多数にとっては、いわば「バーチャル戦争」のようなもので、戦闘に巻き込まれたり、犠牲になったりした人間...映画評論

DVD・ブルーレイ

ジャーヘッド2 奪還[DVD] ジャーヘッド[DVD] ジャーヘッド・レスキュー[DVD] ジャーヘッド2 奪還[Blu-ray/ブルーレイ]
ジャーヘッド2 奪還[DVD] ジャーヘッド[DVD] ジャーヘッド・レスキュー[DVD] ジャーヘッド2 奪還[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2014年11月6日 最安価格: ¥2,771 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥927 発売日:2008年9月3日 最安価格: ¥4,071 発売日:2017年6月7日 最安価格: ¥1,486
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全8件)
  • 待ってる女はいない。 戦地に赴き最後まで敵を撃ち殺すこと無く普段の生活に戻って行く米兵。 兵士1人が殺さなくても軍隊がアメリカが殺してるから殺した様なモンで。 絶叫して「地獄の黙示録」を鑑賞して「ディア・ハンター... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年5月31日 18:16  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 魂の脂を燃やせ 出撃前に『地獄の黙示録』を見て士気を高めていた海兵隊の隊員たちだったが、イラクの戦場に配属されても一向に戦闘の始まる気配がなかった。 空虚で退屈な日々が、次第に苛立つ隊員たちの心を蝕んでいくー ... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2016年10月31日 23:08  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 戦争とは誰の為に… 湾岸戦争での歩兵部隊を体感できる映画。 戦争、戦場がもたらす人間の狂気や、理性の崩壊を一人の兵士の視点で描いた見事な作品だと思います。 激しい銃撃戦や過酷な訓練シーンがある訳でもないのですが... ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年5月14日 18:46  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi