劇場公開日 2006年11月18日

「発売前の新作ハリー・ポッター。海賊版を売ってしまえば大儲けできるのに」プラダを着た悪魔 kossyさんの映画レビュー(感想・評価)

4.0196
39%
50%
10%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0発売前の新作ハリー・ポッター。海賊版を売ってしまえば大儲けできるのに

kossyさん
2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)はファッションには全く興味もなかったのに、全米で100万人の女性が憧れるという、ファッション雑誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントになってしまった。「辞めても、5分あれば後釜が決まる」というほど就職したがる女性が多い職場。ファッションセンスのないアンディが採用となったのも、他の社員にない知性を持っていたため・・・ただそれだけだったのです。

 職場はまさに戦場。やり手過ぎるミランダは次から次へと仕事を与え、それを的確にこなさなければならない。ちょっとでもミスれば、根性を試されるかのような無理難題をふっかけてくる。嵐の中での飛行機予約、発売前のハリーポッター、パーティでの名前の暗記、どれもこれも逃げ出したくなる内容だ。そして、仕事を終えプライベートタイムになっても携帯に悪魔のような着信が鳴る。

 本当にやりたかった仕事はこんなものではないと思いつつも、何でも経験、ジャーナリストの足がかりになるということで、負けじと働き、恋人とのプライベートも危機に陥ってしまうアンディ。つい愚痴をこぼして、スキンヘッドがよく似合うスタンリー・トゥッチに諭されるところなんて、実社会でも身につまされるところ。徐々にどんなことにもへこたれない熱血社員ぶりを発揮するという彼女の成長物語でもあります。

 『ブロークバック・マウンテン』でも注目を浴びたアン・ハサウェイも良かったのですが、先輩アシスタント役のエミリー・ブラントがなかなか良かった。もしかすると、日本人ならば彼女を応援したくなる人の方が多いかもしれません。

 音楽もいいんです。特にアンディがファッションに目覚めたときにかかる曲がマドンナの「VOGUE」。上手い選曲だな~と感心しながら、大音響で圧倒されると、NYの街を歩いているのがマドンナに見えてくるから不思議だ。

【2006年11月映画館にて】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy
「プラダを着た悪魔」のレビューを書く 「プラダを着た悪魔」のレビュー一覧へ(全196件)
「プラダを着た悪魔」の作品トップへ